新着Pick
307Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前澤社長インタビュー後編。短かった。PBの数字が初公開されており、デニムパンツが約21万本、無地Tシャツ約7万枚とのこと。前者が4000円弱、後者は1000円強なので、売上規模は10億円弱という感じですか。なかなか厳しいですね。PBは「ジャストサイズ押し」では突破できないことはわかったので商品企画勝負ということなんでしょう。
驚いたのは後半で、自社ECの話のときに、自社ECとZOZOTOWNの関係を、アップルストアと家電量販店に例えているところ。もともとは裏原系の高感度モールだったところから、自ら「家電量販」と言ってしまうくらいマス化、大衆化したんだな、と改めて感じました
ZOZOSUITで得た100万件以上の体型データを利用したサイズ最適化プラットフォームをブランドさんに提供し、様々なブランドさんと商品の共同開発をしていきます。

小さい人にも大きい人にも、細い人にも太い人にも、数センチピッチでこだわりたいファッションラバーにも、憧れのブランドのあのアイテムが、試着しなくても買えるように、お直ししたり裾上げしたりせずに、そのままのデザインやシルエットで楽しんでいただけるようにしていきます。

ブランドやデザインやシルエットやカラーなどは多様化されてきましたが、サイズの概念はいまだSMLで画一化されています。これを多様化することで、どんな人でもファッションを楽しめるような未来を目指します。

ファッションECだからこそできることを次々とお客様にもブランドさんにも提供し、ファッションを通して「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」の企業理念の実現に邁進します。
前澤社長曰く「ゾゾタウンは、今までの単なるECプラットフォームから、物作り・MD支援なども提供できる新しいプラットフォームへ進化します。」
サイズなどのZOZOスーツで得た顧客情報をブランドに提供し、物作り・MD支援なども提供できる新しいプラットフォームへ進化していくとのこと。

もともとブランド目線でZOZOスーツができたときに期待していたことはこちらだったので、特に方針転換があったとは思いませんが、PB展開に始まりARIGATOにてブランドとの溝は多少広がって来ている中で、どれほど信頼感を持ってやっていけるかが鍵でしょうね。

ZOZOにブランドが求めるのは、圧倒的集客力を活かした売上、データ取得/比較、そして倉庫代行。一方で手数料30%以上でクーポンなどで更に利益率は悪化傾向のため、「これ以上乗っかって大丈夫なのか」と多くのブランドに一歩立ち止まる機会を与えるきっかけに一連の施策はなってしまっています。

こうした中で、ブランドとしてはZOZOとは連携したいが、利益を取れる自社ECをいよいよ本腰入れて強化しなければと思っている経営者の方も多いと思われ、ARIGATOによって印象がねじれてしまった中で当初のZOZOスーツでの戦略が進められるのか注目です。
これはごもっともです!
最近の自社ECを見ると、残念ながら「小さなゾゾタウン」のようなサイト表現で、同質化しているように感じます。
在庫ロスに課題を抱えるファッション業界にとって、サイズ展開はできるだけ少なくしたい。無駄が増えてしまうから。メンズの場合は、SML展開が多いが、レディースの場合はフリーサイズで1サイズでの展開というケースも多い。確かにこれは消費者目線ではなく、メーカー側の効率良いものづくり目線。

ZOZOTOWN程のユーザー数を抱え、サイズ別に需要が把握出来るデータが開放されるのであれば、各サイズへの必要需要もある程度可視化出来るはず。そうすれば、メーカー側にとってサイズを増やすリスクも軽減できた上で消費者も自分の体にあった服を着れるようになって、ファッションへの楽しみも増える。
そんな世界になるのが楽しみです。
自社ECをショーケースにして、ボリュームは量販店のZOZOで…という趣旨みたいですが、自社ECで販売するのが最も経済的にメリットがある内は(委託費用が下がらない限りは)、そうは舵を切れないでしょうね。自社EC比率の最大化を追求する結果、インターフェースが同質化するのも合理的な結論ではないでしょうか。一方で物流面やECプラットフォームへの投資を各ブランドが行うのは効率悪そうです。
多サイズにすると在庫で泣いてるファッション業界が更に泣くのでもう一つ二つ、対策が必要ですよね
データで最適サイズが絞り込めればいいですが、それ以外のサイズはニッチ市場になりそうだ
市場の神の手はこれを是正できるだろうか

あとは多サイズのニーズを証明するデータを見てみたいですね
PBについて書いた後編ということらしいけど、正直、PBで失敗した際に出たゴミデータを何とか売りつけようとしているように思える。
あとプラットフォーマーなのに敵と味方の線引きを強くし過ぎている気がするね。

ちなみに外部に対して社内の人を役職付きで呼ぶっけ?
ZOZO PBのTシャツ、セーター、ジーンズのいずれも色違いで数枚持つほど愛用しています。店舗で時間をかけてサイズを確認するという顧客努力(手間)の軽減が非常に大きい。サイズ革命には大賛成なのでこれが他ブランドに展開されるのは楽しみです。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
7,738 億円

業績