新着Pick
846Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ああ、ついに。。。
これ、個人にとってもインパクトがありますが、
会社で、社用携帯やスマホをワンセグ機能付きのものにしてしまってたりすると、規模によっては何千台分の受信料を払わないといけない可能性が出てくるので、ヤバいです。気を付けましょう。

それとは別の話ですが、ネット配信が始まってしまうと、スマホすべてについて受信料支払い義務が生じる可能性も、、、
NHKは2017年12月、受信契約の義務規定を合憲とする最高裁判断を勝ち取っています。この判決の威力は、NHK自身が驚くほどでした。自ら受信料支払いを申し出る視聴者が続出し、NHKの経営基盤を盤石にしています。日本人の遵法意識の高さには涙が出ますね。10数年前、不祥事の発覚で支払い拒否者が止まらず、組織の存続を危ぶむ声さえ出たのがウソのようです。
今回の判決は、2017年判決を上回るインパクトを持つかも知れません。NHKはネット同時配信を実現しようとしています。この判決で、携帯から課金できる道が大きく開いたことになると思われます。現段階では、受信料を支払っている人にはネット課金しない方針ですが、若者がテレビを持たない時代に、その若者からも課金できる理論的根拠を持ったことになるのではないでしょうか。
私は社有アンドロイド、私有アイフォーンのスマホ2台持ちですが、社有スマホにはワンセグのアプリがプレインストールで入っています。
ワンセグ携帯クソ判決ですな笑
一審が非常識な判決をしたので、最高裁まで争われた事件でしたよね〜。

「ワンセグは設置にあたらない」
という判断だったと記憶しています。

裁判官は明らかに劣化していると感じざるを得ません。

そもそも放送法の趣旨は、「NHKを受信できる装置を持っている」という要件です。
「設置」という文言を厳格に解釈するのは(刑事法でもない限り)、あまりにも非常識。

放送法の趣旨から考えれば、当然の判決です。

具体的に考えて、タブレットは「設置」でしょうか?
「携帯」でしょうか?

50キロくらいあるタブレットなら?

このように考えれば、最高裁の判断は社会通念に合致しています。

別にNHKをえこひいきしたものではありません。
ワンセグ自体にもインパクトあるが、NHKがブラウザ上で同時配信やったらどうなるんだろう、と想像してしまった。。
NHKオンデマンドはアプリでかつ有料だから大丈夫ですが、ブラウザで無料となると何と恐ろしい。
そして、これでワンセグというサービスの息の根が止まりました。
携帯端末はワンセグは非搭載の方向でいくか、消費者に非搭載のオプションを用意した方が良いですね。

【追記】
ワンセグ搭載機種、2018年発売分だけでも結構あります。(各キャリアで重複するモデルも有)

『ワンセグ:ワンセグのスマートフォン 発売日順 - 価格.com -』
http://s.kakaku.com/keitai/smartphone/itemlist.aspx?pdf_Spec009=1&pdf_Spec103=47,48,49,50,51,52,53&pdf_Spec115=1&pdf_so=d2
白石さんのコメントを拝読して、東横インやドーミーインの事例を思い出しました。
【受信料訴訟、東横インに全部屋分の支払い命令 19億円】https://newspicks.com/news/2152654
【ホテル会社にNHK受信料支払い命令 東京地裁 】
https://s.nikkei.com/2HuP2zR
現行の放送法を素直に読むと、残念ながら妥当な判決に思える。ワンセグ機能付き携帯を除外するなら、法改正が必要に思えるが、しかしそうするとNHK受信料に関する従来の説明が根本から成り立たなくなるようでもあり、難しいところか。

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
ワンセグ機能付き携帯電話を持つとNHK受信料の契約義務は生じるということが確定した。アンテナを引いていなくともワンセグに対応した機種を持っていれば契約は必要になってくることになりそうだ。
普通に払っている側からすると、徴収率が上がることで料金が下がると良いのですが。(昨年11月に一度値下げをされています。4.5%程度。)
ちなみに、平成29年末の推計世帯支払い率は全国で79.7%。トップは秋田97.2%。最低は沖縄49.8%。東京は68.1%です。