新着Pick
381Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Sansanって2007年創業なんだ。
海外でもデータ解析とその応用、そしてローカライズ(Salesforceアプリなど)どんどんチャレンジしてますね。
IPOの道筋って色々なパターンがあると思うし、何が正解かは会社にもよるので一概には言えませんが、プライベートのうちにこれだけ攻めてるのはカッコいいなと。だからこそIPO時に規模が出せるし更にチャレンジが出来るのでは。 ただ外部環境もあるのでタイミングはとても重要ですが。
個人的には比較的ネガティブ。日本以外でスケールするには難しそうだし、出口タイミングを逸しつつのダウンラウンド回避で評価が上がり過ぎたのではなかろうか。。Linkedinにバイアウトするにしても縮み行く日本市場で4桁億円は高過ぎるかと。もともとLinkedinに当てにいって交わされたのかしら。

ブロックチェーンで改ざん不能な職歴データベース(東南アジア職歴詐称多い)サービスってのはどうだろう。
明後日のsansanさんのイベントに、ほんの少し登壇させていただきます。

私も、お付き合いさせていただくようになって、かなり後になってから、ユニコーンであることを知って驚きました。

名刺の価値を引き出し、かつ資源の低減にも力をいれる自然体のユニコーン、このまま躍進していただきたいです。
社名に驚くほど意味がないんですね。。ならEightに社名変更すればよいのに。Eightというネーミングも謎ですが。サンサンの取引先だとサンサンさんと表現するのでなんかかわいそうになります。

日本にユニコーンが出るのは望ましいと思う一方、やってること自体はそんなに珍しくない印象。なので無用な敵対構造をつくるディスラプトという表現も安易に使わない方がよいでしょう。ラクスルみたいに対外的には優等生で振る舞ってしれっとユニコーンになる方がよほど賢いと感じます。
リンクナレッジのファーストユーザーの1社としてサービスを利用してましたし、09〜10年頃には共催セミナーもご一緒してましたね!

Sansanの次のチャレンジは、デジタル名刺の民主化かなと考えています。競合他社と連携して、統一された規格で推し進めてもらいたいです!
コレクションビジネス!
名刺って、本当に管理が大変なのだけど、すごく大事な情報資産だと感じていました。
最終的には名刺って「紙」であるというより、その人の立場や役職だけでなく、いつ誰と何のタイミングで交換したのか、という情報の塊なのだと思います。
そこは絶対ビジネスに必要な情報。だからSansanさんの取り組みはちょっと興味があったりします。
あまり知られてないけどSansanはユニコーン企業!!!日本にも増えてきたなーー
弊社と業務提携関係にあり共同研究も進めております!
eightもそちらの運営だったのですね!いいですね^_^
素晴らしい

ちなみにシリコンバレーだと成功しやすいスタートアップのIPOは創業から10年以内に、という暗黙のデータが

業績