新着Pick
16Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「科学的視点でロジカルに考え対話をし、感情論に陥らないことが重要ではないか」とあるが、福島の原発事故では東京都の1/3以上の面積が住めなくなったわけで、冷静に議論しろと言われても難しい。科学にも100%はない。たとえ0.1%であっても私はそんな場所には住まない。

再生可能エネルギーの可能性を納得ゆくまで議論した上で、それでも本当に原発が必要かと問いかけないと国民の理解は得られないと思う。少なくとも私は理解できない。

使用済み核燃料の処理技術の進歩に期待するぐらいなら、再生可能エネルギーの技術革新を本気で取り組んでほしい。
正しいんです。本当にその通りです。でも、「目に見えない恐怖には強い拒否反応が出る」という人間の生存本能の問題は、もっともっと真剣に向かい合わないと結局は前へ進めないようにも思います。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.96 兆円

業績