新着Pick
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エンジェル投資家がベンチャーキャピタルと違って良いところは、人から預かったお金ではなく、個人のお金なので、自分の直感や、共感、この人好き、などの基準ですぐに意思決定して投資できるところですね。

個人的な例でいうと、7年ほど前に半年だけベンチャーキャピタル業務に関わっていない時期があって、4件エンジェル投資したのですが、全ての案件は自分から探したのではなく、起業家から投資のお願いがあり、事業計画など見ずにこの人なら好きだし信頼できるので、損しても諦めがつく、みたいな軽い感覚で投資の意思決定をしました。VCだったら投資の意思決定できなかったかもしれない案件ですが、結果はすべての案件でリターンが出てます。

起業家だけでなく、投資家の方にも多様性があることは重要なので、日本でも松本さんのような個性的なエンジェル投資家がどんどん出てきてほしいと思います。
推進力という言葉が心に刺さる。

私たちの事業の大量の人材採用を控える今、私にできる最大のことはなんなのか。そんなことを常に考えている。

この夢を共有して、託していきたい!
一人一人方向性同じくして進んでいくための循環システムの構築。今のバランスを失わず、推進していく。

今の思いを全員が忘れることなく!
私だけでは何もできない。今のチームだけでもダメ!
巻き込んで拡大して、推進する力を巨大化させる。
良い記事。メルペイ松本さんのエンジェル投資家の気持ち。記事より抜粋「それでもエンジェル投資をするのは、「自分でいろいろなことにチャレンジしたいし、知識も得たいけれど、体は1つしかないので、代わりに他の人に夢を託したい」からです。」
これは、僕もその通りだと思うんです。日本ために、と言う気持ちも嘘ではないですが、自己実現の一環として、自分の夢を叶えてくれるほかの人と人生共感して、複数平行で体験を積んでいきたい、そして、実現させたい、ということが根幹だと思います。
インタビュワーを担当しました。

話の内容もそうですが、aMi藤井さんとメルペイ松本さんの柔らかい関係性、雰囲気がとてもステキ。特に、2年間経って松本さんのアドバイスの真意がようやく分かったという話がとても好きです。

amiとしても、今後も起業家の方とそこに出資したサポーターであるエンジェル投資家の方の共同インタビューに大きな可能性を感じました。

一番の理解者、応援者かもしれない方と一緒にインタビューを受けることで、きっと、共感の和が広がるはず。
本日は、フォトグラファーデータベースと予約サービス「AMI」を展開するaMiの藤井さんとその藤井さんを応援するメルペイの松本さんがエンジェル投資家として登場してくださいました。

本記事にもライブアーカイブ動画がついておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

お二人のとんでもない(?)出会いからお話しいただき、松本さんが人を見るときはなにをポイントとしているのか、松本さんからみた藤井さんはどんな人かをお話しいただいています。

また、藤井さんからみた松本さん、エンジェル投資家はどんな存在なのかなどもお話しいただき、お二人の関係性がみえる素敵なライブでした。

最近ではスタートアップの資金調達環境は良好ですが、起業活動中、シード期の起業家やエンジェル投資家の活動というものはまだまだ見えにくいのが現状だと思いますが、本視点でみてもとても興味深い内容でした。

ぜひ本編もご覧いただき、藤井さんが今探している人材はどんな人なのかもご確認ください。
めちゃ良い記事だた。ゆかさんはパッショネイトで、松本さんは至って冷静でシャープなので良いコンボの気がした。「たとえば、ダメ出ししてもへこたれないとかですかね」「きっちりと戦略が立てられて、日々のPDCAを回せるロジカルさがあり、人を惹きつけられるようなコミュニケーション力がある人がいれば最高の起業家だと思います」
かなり赤裸々な内容で楽しく拝見させて頂きました。
弊社は個人のエンジェル投資家のような株主はいませんが、こんな関係性の株主が創業期から支えてくれるのは、この上ない安心感だろうなと思います。
この関係性は素晴らしくいいですね。