新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外部環境の変化により事業や商品が苦戦はしていましたが、技術を活かした新商品開発は強いと思っています。シャープの事例もあるし、外資が入り経営のテコ入れが進めば、また鋭い商品を市場投入できるようになるのではないでしょうか。個人的にはプラズマテレビの高精細技術に惚れていました。コア・コンピタンスを活かした技術経営に期待したいですね。
外資傘下入りは既報ですが。
寂しいですね。

個人的には昔のパイオニアは面白いなぁと思ってました。
30年近く前に出たレガートリンクコンバージョンとか、今流行りのハイレゾの波に乗ればそこそこアドバンテージあったと思います。
カロッツェリアのオーディオも、オートイコライザーが出た時は「マイクで拾って自動で音量とイコライザ調整って最強でしょ」と。
まぁ沼に入るとそんな機能は邪魔なだけになりますが、大多数の方は幸せになる素晴らしい機能。

インナーバッフルも使わせていただき、だいぶオーディオの勉強させていただきました。

6年前位にナビ買おうかと店頭で操作して、期待してたカロのサイバーナビは真っ先に脱落。メニューは階層深く整理されてないし、反応が遅すぎ、こりゃサヨナラだな、と。
その頃からはオーディオもパッとしたのが無く、もはや忘れてました。
残念ながらそう言う感じ。

新たなビジネスで再起を願います。
関係者の方々(特に社員の皆様)の成功とご活躍を期待したいと思います。パイオニアと言えば、オーディオ、カーステ、カラオケのレーザーディスク、PDPと色々ありました。その昔は日経平均を牽引する(指数の変動に対する影響度の大きい)銘柄だった記憶もあります。
 企業の寿命を考えさせられますが、突き詰めればパイオニア精神だけではなく、トップを取って勝ち抜く気概がもっと必要だったのかなあと感じています。
昔、CDプレイヤーが付いたオーディオを買う時、少し高いけどパイオニア製品を買おうと、父にお小遣い交渉を頑張った記憶があります・・・
⇒今から思えば、そんなのバイトしろ!!という話しですが。

やはりパイオニアのオーディオは良かったという刷り込みが未だにあります。
ぜひ再生して、そのブランド力を強化していつかまだ上場して欲しいな・・
パイオニアは、オーディオ、レーザーディスク(確か目黒にアンテナショップが有った記憶)、カーナビと商品開発で正にパイオニアだった企業で、今回のニュースも感慨深いです。
そういう意味では、かつてのソニーやシャープのように技術力による商品開発力だけでなく、新しいバリューを提供してきた会社で、そのDNAがどこかに残っていてくれている事を祈りたいです。
これで、家電でそのままは、パナとソニーだけだが、黒モノ家電では、もう、少ない。パイオニアは、ちょっと技術の方向性がずれていた。事業所で、おかしかった。
パイオニアの名前自体が日本のAVの歴史と同義ですね。私の世代は、ハイファイに憧れ、アンプやスピーカーをはじめとするオーディオ機器を買うために、小遣いを貯めたりバイトをしたり、常に生活の一部でした。

オーディオは常にテクノロジーの進化と流行に晒され、それが新しい需要を創造し続けたと共に、多くの消費者に疲弊と諦めを与えてしまったと思います。もういいかと。

そしてAVメーカーはどんどん消えていった。寂しい限りです。

特にデジタルはハイファイに終止符を打ったと感じます。結局圧縮してんでしょって。あまりお金をかけても意味ないよって。

カーナビでつないできたパイオニア。次の一手に期待したい。同社の強みは何なのかを突き詰めて欲しいものです。復活を祈っています。
資本がどこだろうとかんけいないだろ
外資の傘下に入ることは悪いことじゃない。
これからの成長に期待しましょー
色々あってコメントしにくいけれど、是非頑張って欲しいです。