新着Pick
1217Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
トヨタの人工知能研究所TRIのギル・プラットCEOについては散々書かれてきましたが、CTOに就任したジェームス・カフナーについては、あまりその素顔は知られていません。

「クラウド・ロボティクス」という概念を提唱したことで知られていますが、モーションプランニング村で彼の名が世界中に轟いたのは、1999年のあるアルゴリズムの論文がきっかけでした。

その後、米グーグル自動運転開発チーム創設メンバーの1人として引き抜かれた経緯についてもじっくりインタビューしてきました。本日より全4回にわたってお送りする「トヨタ“第3の本社”」。トヨタが日本橋に拠点を構えた新会社TRI-ADとは何なのか。CEOに就任したジェームスその人の「素顔」を紐解くことで、その内情に迫ります。
「先生になりたかったから、教えるのが好きなんだ」と嬉しそうに話すカフナー氏は、自身の研究やグーグルでの取り組み、トヨタでのミッションまで、とても丁寧に説明してくれました。
それにしても、2007年のDARPAチャレンジに参加していた研究者たちの、その後の活躍ぶりは凄い。アメリカの自動運転系のスタートアップの創業者は、多くがこのチャレンジ出身です。当時の同志が世界中に散らばって今だに自動運転技術を牽引しているというのも、格好いいなと思います。
年始の「トヨタを、クルマをつくる会社からモビリティに関わるあらゆるサービスを提供する会社=モビリティカンパニーに変革する」というメッセージはすごく新鮮でした。(トヨタのトップは毎年の年頭に「トヨタはつぶれるかもしれない」という危機感の表明から始まると聞いたことがあります)

MaaSへの動きでは一歩二歩遅れていると言われるトヨタが、ダイムラーのようなこの領域で進んでいると言われる旧来の競合に加えて、GoogleやUberなどの新たなライバルとどう伍していくのか。

プリファードネットワークに投資したりこうしたR&Dの拠点を立ち上げたりと動きが活発化してきていますが、実際の商用化に向けて今後の動きが楽しみですね
(引用)
最先端の研究を理解している研究者に、最高のツールを与える。これがグーグルのやり方なんです。これは、実は今、僕がトヨタでもやろうとしていることです。

まさにそう。最先端のエンジニアや研究者が求めるのは、自らが満足する「環境」であって、決して「お金」ではない。
『まだこの課題を解き切れている人は、世界のどこにもいない。自分が何かイノベーションを起こすことができれば、歴史的なインパクトを残せる。面白いでしょう?』
こういうワクワクや未来への楽観が世界を変える原動力だと、最近本当に思う!そして、アカデミアやGoogleでの経験で、そのための摩擦が少ない環境の重要性も感じられている方がトヨタにいることは本当に強いと思う。

そしてモーションプランニングや東大、カーネギーメロン、DARPAとキーワードだらけな記事。ちょうど2000年前後はGNR、Genetics・Nanotics・Roboticsが21世紀をけん引すると言われていたのだが、まさに今そうなってきている。当時はそれぞれで色々な研究がある一方で、コンピュータの計算力などがボトルネックとしてあった。そしてそれが20年かけて解消されて、今まさに現実にかなり近づいてきている。
今年1月にカフナーCEOと直接話す機会があったが、非常に気さくで親しみやすい人物。東京大学でも学び、日本語もかなり流暢で確か夫人は日本の女性だったかと。
自動運転車は、AIと半導体だけでは動かない。モノづくりを合わさって初めて形となる。TRI-ADが東京に本拠多くのはこの理由であり、AIからECUまでの先行・量産開発を一気通貫できる。ここが強みになるし、そのリーダーがカフナー氏というところが、トヨタの自動運転技術開発取り組みのユニークさだ。その秘密がこの特集で明らかにされそう。
率直に、よくこのインタビューできましたね、という記事。必読。
TRIの宝だと思いますねぇ、この方は 逃さないように
ブラット氏やカフナー氏を取れるトヨタの凄さを感じる。
しかも彼らのような世界的ブランドのスターだけではなく、プリファードのような国内の若いベンチャーも見つけて手を出せるというところもしっかりしている。

トヨタは日本の従来型の大企業の中で、唯一確実に次のステージにも生き残れる企業であろう。
「開発ツール」に限らず、良い会社には、その会社を運営する様々な自社ツールがある。それがあると会社の生産性がグッとあがる。

『グーグルで学んだ大事な視点は、「開発ツール」の大切さです。よいツールがあれば、科学者やエンジニアの生産性は、ぐっと向上する。』
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別インタビュー
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.9 兆円

業績

アイシン精機株式会社(アイシンせいき、AISIN SEIKI Co.,Ltd.)は、トヨタグループの自動車部品メーカー。日本の他メーカーや、フランスのプジョー等の海外メーカーにも部品を供給している。CIは「Geared up for the future」。 ウィキペディア
時価総額
1.08 兆円

業績

株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.64 兆円

業績