新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
潜在成長率を大きく上回る3%成長率を達成したのですから、貿易赤字が拡大するのも当然の結果です。ここからも、貿易赤字が決して "LOSS" ではないことが分かります。
米国の双子の赤字の行く末に恐怖を覚えます。
通商政策や為替をはじめ、様々な面で日本経済にしわ寄せが来そうです。
貿易赤字の問題は、米国の知識層トランプ不支持層
も良く思っていない。
あまり刺激したくない問題であり、企業としても
一定の減らす努力が必要。
今後の展開に注視が必要だと思う。
トランプ大統領は2月末の記者会見で「関税の影響で貿易赤字は減ってきている」と発言しており、自身の看板政策が不調なことを踏まえて、各国に貿易赤字縮小を迫る圧力が強くなるかもしれない。
ーー
米商務省が6日発表した貿易統計によると、2018年の米国の貿易赤字はの6210億ドル(約69兆4000億円)となり、過去10年で最大を記録した。
こうなる事は分かっていたはず。貿易赤字だけに関心を持ったトランプ大統領の視野の狭さが米中の経済に悪影響をもたらしている。そろそろトランプ氏にも国際経済の基本を理解して貰いたい。