新着Pick
828Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アベノミクス擁護論(とくに怪しげな、国内借金だからOKという謎の暴論)をあえて、ロジャース氏にぶつけてみました。そら、次世代へのツケ考えずに紙幣すりまくって財政拡大しまくったら、こうなりますよね。景気拡大政策への反論ではなく、それが出来るときに、10年近くもあったのに、構造改革をどれだけ出来たかが本質的なポイント。

ちなみに株高や失業率低下は、過去10年世界中で続いてて、それが昨年から世界中で調整局面に入ってます。現政権はあと二年で終わるからいいけど、次の政権が本当にお気の毒-まず間違いなく今の政権のおかげで、短命に終わるから(大幅な景気後退局面で、構造改革、増税、社会保険カットとか大仕事おしつけられる)

ジムロジャーズ氏が言うよう、民主党時代よりマシとかではなく、いま10才の子供が将来感謝するかが大切だとどこの国でもいってるんだけど、時代遅れでない軸で考えられる政策って、「高齢社会の民主制」だと無理なんでしょうね。

さて、次回は投資、金融について、かなり突っ込んだ議論が展開されます。お楽しみに!

psちなみにこの長時間対談は、ニューヨークタイムズ記事の翻訳など手掛けておられる藤田美菜子さんの素晴らしい働きのお陰で、対談原稿用紙じつに30ページ近くの分量が、3回に渡って掲載されます。金泉編集長、ありがとう!

追記  国債買い続けられるのは、将来大増税、大緊縮しても、日本はデフォルトとせず何が何でも返すと思われてるか、市場の謎の慣性でしょうね。これはロジャーズ氏が言ってることと矛盾しません。ツケは国内の、将来世代が払ってくれると予想されてるのですから。

それは、現役世代にとってはパーティー時間の延長で、いまの10歳にとっては大迷惑だけど。
そんな日本国債ですが、CDS市場ではg7の中で、ドイツの次に価格が安い、つまり債務不履行のリスクが低いことになってるんですけど。
これだけの政府債務は、歴史的には、インフレ税か(預金封鎖などを含む実質的な)デフォルトでしか解消しない。唯一の例外は英国が何十年もの経済成長で正常化したくらいで、それは今の日本には望めまい。政府資産も見ろとか言う人がいるが、資産を勘案しても日本は巨額の債務超過だ。ましてや流動性がある資産なんて僅かだ。

ただ、僕の経験では、安倍政権絶対支持のNPコミュニティでは、こういう議論はウケない。コメント欄で袋叩きにされるのは不愉快だから、誰も言わなくなる。
全部他人事ですよね。紙幣擦りまくってる、と言うなら、仮にそれを止めた上で今の緊縮財政を続けたら日本経済は壊滅的になってしまうんですけど。金融緩和せずに財政出動したって失敗するのは麻生政権で実証済みだし。

いいよね、評論するだけの人間は好き勝手言えるから。
「政府の借金が増えてこのままでは金利が急騰し、ハイパーインフレになり円の価値が暴落して破綻する」と説いてきた自称識者はこの20年だけでも大勢いました。

結果は?グロス政府債務はGDP比200%を突破してますが、金利は下がり続け、インフレは今でも1%にすら届かず(ってか20年累計では物価は大幅マイナス)、円は対ドルをはじめほとんどの通貨に対して高くなっている。CDSの値段を見る限りは財政破綻の可能性は今のところ限りなく低い。

それでもこういう主張を続ける人達は全く反省しないだよね。それどころか、袋叩きにされて不愉快だ、なんて書いてる始末。こういうブレーキとアクセルを同時に踏むことを前進だと思っている人達には話通じないよ
政府債務の累増に歯止めがかけられない政策スタンスに対する発言は傾聴に値する。ジム・ロジャース氏に日本の政府債務を憂う義理はないのに、ここまで踏み込んだ発言が出たのは、世界的に見ても相当深刻な状況にあることを肝に銘じる必要がある。
外国の方の日本大丈夫本が超売れまくるなかで、あえて厳しい発言には耳を傾けるのはデメリットだけではないはず。国債CDSも安定してるものの流動性がイマイチなので崩れ出したら一気に来ると思うので怖いです。m銀行の国債保有比率みても怖さです。。。
相変わらず面白い。二人ともシンガポール在住だと思いますが日本でインタビューなんですね。安部首相についてはその通りだが一方で現実の政治においてはそうでもないですよね。目の前の経済を優先した投票行動は日本に限らず現代人類共通のプロブレムでしょう。
ロジャースのアベノミクス評は正鵠を射ている。
問題は、そんな簡単なことを誰もが分かっていながら、多くはそれを批判しないか、あるいは言及しない。
Newspicsのコメント諸氏も「そんなことは誰だって分かっていたんだよ」と将来語るに違いない。ちょうど太平洋戦争前の知識人の言動のように。
“今10歳の子供が50歳になったとき、その子はこう言うだろう。「安倍首相、日本を破産させてくれてありがとう。私の両親はいい時代を過ごせたけれど、50歳の私はお先真っ暗です。日本をダメにしてくれてありがとう」。それが彼のレガシーだよ。”

政治に関心をもつ人を増やさないと。これ急務だよ。