新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
気になる動き。スマホ全体がサチっているなかで、昨年末のAppleのサプライチェーンへの削減要請から年明けの日本電産の下方修正くらいまでは基本的に在庫圧縮・発注下方修正の方向だったと思う。
今回の供給増要請は記事にあるように色々な要因はありそうで、持続的な実需に紐づくもの以外が多いようには思う。ただ米中貿易摩擦の中でも、Huaweiについては米国以外で世界トップを目指している(①)。また出荷台数として2018年2億台→2019年2.3~2.5億台を、昨年12月末時点では目指している(②)。
https://newspicks.com/news/3622899
https://newspicks.com/news/3562847
日本企業は、商売になるというだけでは行動しない。

ファーウェイジャパンなら、そんなことぐらいわかっていると思うが、ともかく不快感を持たれるような動きは、謹んだ方がよいと思う。

日本はまだ態度が曖昧な国なのだから。
米中の貿易交渉の旗色が良くないのだろうか?日本の部品メーカーがアメリカのように更に厳しい態度を取る前に、リスクガバナンスとして一時的に部品のストックに走っただけ、にも見える。厳しい見方をすれば同社と取引関係があるだけでも睨まれる可能性はある、
チャイナリスク対応。
あとは単純に例の折り畳みスマホへの注力か。日本以外に調達が難しい部品があるなら尚更。