新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「カントリー」から「ネーション」へ、日本列島が近代国家という天井の高い空間へ変容するなかで、日本の作家は「公」と「私」、「家長」と「放蕩息子」と股裂状態になっていきます。

三鷹の禅林寺に、たまたま森鷗外と太宰治の墓が向き合っています。6月の桜桃忌には、太宰ファンの文学青年風・文学少女風がわがもの顔で墓地を闊歩する。花をたむけ、桜桃の缶詰を置き、ウィスキーをかけ、記念写真を撮る場合はてごろな台座を躊躇なくみつける。その台座に利用されるのがや斜め向かいの住人森鷗外なのである。
文士という、この、世に無用と思われた数万の青年たちは近代日本の新しい階層でした。彼らは福沢諭吉の示した高等教育修了者のライフスタイル、官僚や技術者、軍人として近代国家建設に進むことに飽き足りませんでした。何も日本特有ではなく、近代化に伴い世界中に現れた青年たちで、例えばドストエフスキーの『罪と罰』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』に出てくる青年たちも文士かその亜種です。ドストエフスキー自身もまた文士にほかならず、「批評家」というこれまた新しい職業の人物に見出されて世に出ることに成功しました。
 ドストエフスキー自身は何の行政能力も無い人でしたが、革命運動に連座してシベリアに流刑されました。文士は革命家予備軍であり、野党勢力の核となりうる階層でした。日本でも、東京大学の学生をはじめ、多くの文士階層が共産党の指導者となりました。しかしながら、彼らもドストエフスキーのようなもので、レーニンやトロツキーになれる素質はありませんでした。
 はたから見ると高等遊民にしか見えないレーニンやトロツキーのような人間がロシアに現れたこと、あるいは中国の放浪学生の中から毛沢東が現れたことは、これらの国の20世紀を大いに特徴づけました。日本の文士には太宰治や小林多喜二、そしてせいぜいほかならぬ共産党委員長の宮本顕治くらいしか現れなかったことは、日本の20世紀に大いに意味のあることでした。文士は単に富裕層の文化的あだ花というだけではなく、文化が政治に転化する際の着火役でもありえます。何も日本だけではないですが、日本では文士が政治に着火することはついに無かった、といえます。
時代によって、若者のエネルギーは集まる先が変わる。
いまなら、Youtuberであり、SNSであり、あるいは起業なのでしょう。

「文学青年2万人とは、いまならストリートミュージシャンやパフォーマーのようにすぐに就職しない人びとを指していた。あるいはお笑い芸人を目指して吉本興業へ入る若者たちだ。成功すればテレビに出演するスターになれるのだから」
太宰治といえば走れメロスしか読んだことありませんでしたが、猪瀬さんの「ピカレスク」を読んで
あまりの自意識過剰、トリックスター、女垂らし、傍迷惑ぶりに興味をひかれ
人間失格は30代で読みました。
そこに書かれてる人の弱さと図々しさみたいなものは凄まじく、面白かったです。
今や三鷹に行くと「文豪」として太宰治ゆかりの地が多々ありますが、私含めほとんどの人が実際に彼の書籍をほとんど読まず
生き様を知らずになんとなく「文豪」という額に入れて飾っている様が面白いなと思います。
太宰の作品をそれなりに楽しんだ世代としては、もう少しリスペクトを増量してもいいのではと思います。何よりも、究極の倫理を追い求めた人ですし、天賦の才ということでも一級品だったのでは。「お伽草紙」、「津軽」・・・どう考えても不朽の名作ですよ。
面白い
明治時代から大正時代まで、これはいわば戦後の高度経済成長期に似ている。三百諸侯に分断されていたカントリーからネーション空間が生まれ、グローバルな市場が誕生した。自由競争の産業社会で労働市場も流動化した。
ある程度の高学歴社会にもなった。初めは、自分がはたらくことは国家の一翼を担うことでもあった。一人ひとりが、家長の役割を担ってきたのだ。住む家もつくったし、はたらく場所も用意した。
だがある程度、国づくりができてしまうと、「公」のなかでの自分の役割が見えなくなってしまう。昭和初期になると若者に余計者意識が出てきた。学歴はあっても、目的が見えない。
太宰治はそうしたモラトリアム青年の一人だった。井伏鱒二は『荻窪風土記』という本のなかでこう回想している。
「当時、東京には文士志望の文学青年が2万人、釣師が20万人いると査定した人がいたそうだが、文学青年のほとんどはみんな、一日も早く自分の作品も認めてもらいたいと思っていた筈である。早く認められなくては必ず始末の悪い問題が起こってくる。私も早く認めてもらいたいと思っていた」
太宰の時代の文学青年は、かつてのミュージシャンや芸人、今のYoutuber
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。