新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CP+2019参加してました。
これも見かけましたが、こういう記事が出るなら触ってみれば良かったかな。

デザインは可愛いのですが、何というか大人から見た可愛さですね、これは。カメラの魅力に気づいて欲しいというコンセプトならば、小林さんが指摘されている「大人が使っているものを真似して使いたい」子向けも欲しいところです。(主に少年向け?)
その場合、どちらかというと見た目を可愛くするより、筐体は大人が使っているのと全く同じカチッとしたデザインにして(ここ大事)、若干小さめ・重量軽め・細かい設定は表示しないようにしつつも、絞りやシャッタースピードは学べる.....みたいなのがあるとより良いと思います。
つまり「挫折しない程度に難易度を下げたオトナデザインのカメラ」もあるといいなと。Canonさん頑張って!

実際の所、小学校低学年くらいの子が、Canonの中〜上位機種を使っているのを見たのは一度や二度ではないので、少々難しくても使う子は使います。また、操作が多少難しくても、親子のコミュニケーションを通して、カメラの魅力に気づくという過程もありますし。

(余談)
全パラメーターをカワイイ方面に振ったカメラがこちらです。
https://instax.jp/kitty/sp/
ちゃんと撮れます。
いつもFUJIブースでは僕これで遊んでキャッキャしてます。
こっちの方でいいような。
https://www.nikon-image.com/products/compact/lineup/w100/
そのうち息子用に買おうかと思ってます。

ちなみに、うちの愚息(4歳)が撮りたいって言うので、最近使ってないコンデジ持たせたら大喜び。しかし2日後には落としてオシャカとなりました…使ってなかったとは言え昔使ってたGR DIGITAL Ⅳ。涙目です。
子どもにカメラの魅力を伝えて、将来的にカメラのユーザーになってもらおう、という意図が込められた製品。スマホやタブレット端末を使う子どもが多いなか、どこまでヒットするのでしょうか。まだ、モックのサンプルが展示されるなど開発途中で、検討段階の製品ですが、子どもの可能性を広げるプレゼントとしても生かせそうです。
キヤノンは先般、フルサイズミラーレスについても廉価版EOS RPを発表しました。フルサイズ一眼においてもいわゆる入門レンズで廉価だが高性能(いわゆる蒔き絵レンズ)で多くのユーザーを惹き付けました。このあたりの初手が本当に上手な会社だな・・・と思わされます。
ターゲットの年齢層は小学校低学年まででしょうか。
それ以上になるとスマホに移行してしまうか、パパと「同じカメラ」でないと満足しなくなりそうです。

ただ、これだと「おもちゃ」ですよね。外観はホンモノっぽいけど小さなディスプレイが付いた「ラップトップPC風」のおもちゃと同じノリを感じます。言い方が悪いですが「子供騙し」。子供のためというよりは、カメラを欲しがる子供に与えても安心(投げたり落としたりしても壊れない、壊れても惜しくないという意味で)、大人の事情に則ったカメラという印象がします。
子供が欲しいというよりも、大人が価格面なども考慮して子供へギフトという感じでしょうか。子供を狙う事自体は賛成ですが、その価値の視点をどこに置くか。改めてこの部分は大切でかつ難しいところです。
「カメラで撮影する楽しさを子どものうちに知ってもらうことで、将来のカメラユーザーにつなげたい」というのは建前かと。子供が小さい内からクリエイティブに触れさせたいと考える大人が増えてきているので、子供にこれを買い与える時、大人も一緒に通常モデルを買うことを狙っているのが本音だと思います。でなければ使いやすさや利用用途からもコンデジで良いはず。今の子供が大人になった時、デジカメが生き残っているのかすら怪しいですよ。
キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
4.11 兆円

業績