新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本格的に、モジュール化を狙ってますね
VWやトヨタなんかは車両の2次利用を狙っていくべきだと思う。直接コストに響いてくるので。

ただ、車台だけを外販してなにができるの?って疑問は少なからずある。2次利用されるためのサポートだったり付加価値をつけて提供すれば、いろいろな可能性が出てくるはず

日経
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO42029820V00C19A3000000
「モジュール」という概念については、既にみなさんコメントされているので、違う3つの視点でコメントします。

1.攻殻機動隊の世界
2.トラックのビジネスモデル
3.PC業界に類似か?

ひとつずつ説明します。

1.攻殻機動隊の世界

「攻殻機動隊」をご存知の方は、この「MEB」という車体は「義体」と考えるとわかりやすいと思います。しかし、「ソフトウェア」は「電脳」にロードされるわけなので、実は、「MEB」に内蔵される「電脳」(制御装置)が重要です。

「走る」「曲がる」「止まる」の部分の「ハードウェア」ではなく「ソフトウェアが実装される環境」(電子機器)の方が重要となるでしょう。

2.トラックのビジネスモデル

トラック業界の方は「もうやっているよ」と思われていると思います。何故なら、トラックの場合、車両メーカーは「車体」を提供し、車体架装メーカーという企業が、エンドユーザーの要求にあったトラックを仕上げます。

今回の「MEB」は、「トラック車体から運転キャビンを外して電動化した」というイメージなので、トラック業界の方が得意な部分もあるかもしれません。

そう考えると、Daimlerのようにトラック部門を分離したところが有利かもしれません。
3.PC業界に類似?

ご存知のようにPC業界は「Intel」と「Microsoft」が利益の大半を独占し、PCアセンブリ企業は、十分な収益が確保できませんでした。

今回の「MEB」が「Wintel」(前述の2社)になれるのか?それとも「PCアセンブリ企業」になってしまうのか?どちらでしょう?

このように、他の分野や他の業界と比較分析すると、いろいろ考察できますよね。
MEBは見た感じ、現在エンジン車主流のMQBと比較して、前後サスペンションや乗員位置は変えてない様に見えます。

フロアをバッテリー積める様にフラットにして、車重の増加の重心位置が変わる事に対応し耐クラッシュ性能の要件を変更したのでしょう。

MQBは年間5メガや6メガと言う台数を想定したプラットフォーム。
対してEVはVW単体では全然数が出ません(せいぜい1メガ?)ので、MEB外販は当初から計画に織り込んでるでしょうね。

〈追記〉
外販先は自動車メーカーでしょうねぇ。
ベンチャーへ、なんてのはまぁ本気ではないと思います。
本報道を見る限り、VWは最終メーカーからEMS化・モジュール部品メーカー化を狙っているのだろうか?
本気で狙うなら自社ビジネスをやめるくらいのことをしないと利益相反になり難しい。もしくはSamsungの最終部品とデバイス事業のように強烈なトップダウンとマーケットメカニズムを効かせるか。そしてそこに本気になれば、価格次第ではあるが、新規参入はしやすいし、他の既存メーカーにとっては量産ノウハウをもっている企業が提供するという点で脅威。
だけど、ブランドビジネスと部品ビジネスは特性や利益相反もあるので、中途半端にやればリソース分散だけになる。どうなるだろうか?
TRIも外販を考えている。様々な技術イノベーションが同時多発的に起きている。シナジーを考えないといけない。すでにダイムラーとBMWは自動運転技術でコラボすると発表。
https://www.facebook.com/kazuo.shimizu
車台を買ってボディのデザインや他のサービスで勝負するスタートアップがたくさん出てくるようになると面白い。
フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車メーカー。ルーツの一つであるポルシェをはじめ、傘下の企業を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 ウィキペディア

業績