新着Pick
683Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
普段スタバのヘビーユーザーではないですが、海外旅行・海外出張のとき、ついつい安堵感を覚えてスタバに入ってしまうのは、単なるコーヒーショップではなく、自分の中で生活に根付いたものとなっているんだなと思います。

コモディティ化されているからこそ、世界のどのスタバでも一定のクオリティが確保されていると思え、普段と同じサービスを受けることができるという信頼、安堵感に繋がっていると思います。

だからこそ、普段の生活からは離れた海外でも、”自分の居場所だと感じられてリラックスできる”のだと思います。
偉大な創業者が去った後のスターバックスは一度、危機を迎えました。それを立て直したのも、またカムバックした創業者。では、再び創業者が去ったあと、スターバックスはどうなるか。組織の力が本当に問われる地点にいるのだろうと思います。「スターバックスは変わる勇気を持つ必要がある」と明確に語った新CEOのインタビューをお届けします。

ウーバーイーツをスタートさせたり、LINEとの提携を進めたり。IT業界出身のCEOの差配にこれからも注目していきたいです。
先週末、中目黒の「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」にためしに行ってみました。

雨の日の15時前に行き、整理券をもらい3時間待ちという、もはやカフェに入る為にカフェで時間潰す人が多いのでは?という状況でしたが。

通常のスタバは一人でPC作業する人も多いイメージですが、ロースタリーは複数人で座れるスペースが多かったです。
店で知り合った外国のお客さん同士が盛り上がってたり、
カウンター内の店員さんとずっと話してるお客さんがいたり。
コミュニティ化の狙いが伝わりました。

もう1つサードプレイスで驚いたのが、中目黒の老舗カステラ店「福砂屋」とのコラボ商品が売っていたことです。
中目黒への溶け込み方というか、信頼の勝ち取り方が絶妙だと思いました。
どこまでの狙いがあるかはわかりませんが、人があふれて迷惑もかかるだろう近所の住民を味方につけることに一役買ったと思います。

あと余談ですが、LINEのオフィシャルアカウントも“遊び”があって、良かったです。
提供するのはコーヒーそのものではなく、家と学校に次ぐサードプレイス。このミッションに共感していてよく通いますが、急いでいる時はやはりモバイルオーダーと決済をしておいて、店舗で列に並ばず受取るだけにしてほしいですね。

あとRewardsでスター(ポイント)を集めて無料でコーヒーなどをもらえるのは嬉しいのですが、会員ランクがあればもっとロイヤルティが高まると日々思ってます。
スタバの生い立ちはマクドナルドに非常に似ています。The Founderというレイクロックの伝記的映画がありますが、ハワードシュルツのそれも今後出てくるのでは。

グローバルメガフードチェーンの価値は、認知です。世界中どこでも、誰でも知っている事。その一定のクオリティに対する信頼と安心。
だから日本でもシンガポールでもインドでもアメリカでも、皆スタバで待ち合わせ、となります。
店舗が増えるにつれてコモディティ化、飽きられることへの危機感。
からの、ハイエンドなロースタリー(焙煎所&高級カフェ)出店。
そして、こうしたインタビューを出してくるのは、秀逸な打ち手だなと思います。
この先に注目します。

「しかし、このロースタリーだけでは、今の時代におけるスターバックスとしては、不十分だということも分かっています。
ロースタリー事業はハイエンドのサードプレイスを提供しますが、それを補う施策が必要でしょう」
コーヒー体験の進化、ファンとの関係性の深化。
新規顧客獲得よりも、ファンの声を重視する戦略は、グローバルに広がっていくのだろう。
ロースタリーも、ファンベースの戦略と考えるとしっくりくる。

これからの企業に「ファンベース」が不可欠な理由
https://newspicks.com/news/3039265/
スターバックスは今、テクノロジーを活用して、店舗での体験を外に拡張しようとしている。そのひとつがモバイル注文。自宅やオフィスに届けてもらう。そういう場所もスタバのオンセプトであるサードプレイスになり得る。
ケビンはMicrosoftで全世界のセールスとマーケティングを率いていた方であり、また私の担当していたWindowsビジネスの大大ボスでもありました。その後はJuniper NetworksのCEOなどをされてからシアトルに戻った形ですが、IT畑の方がコーヒービジネスを成功させることができるのか?Microsoftのような大企業のエグゼクティブには珍しい人情味ある方ですので、きっとコーヒーに妙味をもたらしてくれることでしょう。
さとなおさんの書いたファンベースの世界へ。個人的にスタバが素敵だなと感じるのは、顧客との接点部分での体験にスタバのフロントに立つ社員やアルバイトの個々人が大きな影響を持ってること。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
11.3 兆円

業績

日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
6,714 億円

業績