新着Pick
593Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンの置き配は、一部だけのテストだったんですね。
責任は、受取人というようにできるのか、担保が必要です。
ここが難しい点だと思います。
YPER内山さんは、ここを保険で担保しようとしています。
ウケトルは、ユーザーアプリという特性を使って、受取人の意思を尊重します。
どこも置き配後の盗難は自己責任。周辺の状況、治安とかも考えたら、置き配したくても出来ない人が多いと思います。
OKIPPAを組み合わせて置き配するのもありだけど、保険の適用が3万円以下みたいなので、使い分けは必要ですね。

オートロックマンション向けにも置き配が出来る様に、OKIPPAみたいなシステムが一般的になって欲しい。
『新感覚宅配BOX!オートロックマンション向け置き配バッグOKIPPA利用試験スタート | Yper株式会社のプレスリリース -』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000031698.html

ポストに入れるのも、宅配BOX(PUDOなども)、ある意味では置き配。ドローンやUGVの配達も置き配だと思思うと、これからは配達場所が1件で1カ所ではなく、複数に増えていくのかな。
>「玄関にこんな風に置いたよー!っていう写真がメールで送られてきました」という声もある

これって、私がアップした投稿じゃないでしょうか(笑)

在宅していたのに玄関の前に置かれており、(不気味なことに)ドアの中に配達票が入っていたという出来事。

夫婦ともに在宅していたので鍵を開けていたのでしょう。
意味不明な行動に呆れると同時に、少し怖くなりました。
中国は置き配が当たり前です。
普通に日本より盗難率高そうな中国でそれで回ってる(盗難された場合の保障をプラットフォームがし、その確率が十分に低い)ので、普通に日本なら絶対問題ないレベルかと。
みんな、個人宅向けの簡易の宅配ボックスとかあまり使ってないんですね。僕は戸建てに引っ越してからまず買ったのが布製の宅配ボックスです。家の前に直置きでもいいのですが、いらない心配を無くしてくれるので、もっと普及してほしい。
「インターネット通販大手「アマゾンジャパン」が、配送先に車庫やガスメーターボックスを選べる「置き配」を導入していたことが分かった。」

少なくともとある配達業者さんは数年前から(2,3年というレベルではなく)自主的に置き配をなさっており、便利に思っていました。今の所、盗難にあったことはないです。
「置き配」は、時の流れと思うが、
普及した時に、いたずらや盗難が起こるだろう。
その責任は配達側はとりたくないだろう。
保険制度が必要か。
盗難やプライバシー情報流出のリスクがないわけではありませんが、それさえなければ、宅配企業側にも、ユーザー側にもうれしいシステムですよね。

米国だと、集合住宅には「宅配ボックス(Parcel Locker)」がある場合が多く、玄関前に置き配されるか、前述のボックスに配達されて、メールで連絡があります。

「置き配」だけでとどまらず、より多いオプションも一緒に考えると、高価なものなどの配達でも適用できるようになると思います。

社会的な時間とコストの浪費低減と、宅配企業、ユーザー両方の利益のために、うまく広がるとよいと思います。
Okippa愛用の安倍です。アマゾンさんも慣れていつも不在時は入れておいてくれます。配達住所に宅配バッグに入れておいてください、と明記しておくのがポイントです。おすすめ!
こういう、多少リスクはあるけど小さい変化で自由度が上がる改善はたくさんありそう。

中国でフーマーやラッキンコーヒーが人気なのも同じ理由で、「ユーザはその時一番便利な方法を選びたい」に対応することで、必然的に捉えられる状況が多くなり、格段に便利になる。

日本ではレピュテーションリスクでなかなか出来ないが、ある程度ユーザにもリスクを負ってもらった上で広まっていくと理想。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績