【ヨシダナギ】仕事は「やりたいこと」以外から選ぶ

2019/3/7
働き方の多様化が加速する“カラフルワーク”時代──。
誰もが生き生きと自分らしく働ける環境を実現するため、一人ひとりに多様性を受容する態度が求められるようになっている。
そんな中、「多様性のインクルージョン」を地で行く生き方で注目されているのが、フォトグラファーのヨシダナギ氏だ。
ヨシダ氏といえば、アフリカの僻地(へきち)へ単身赴き、誇り高き少数民族の姿をスタイリッシュに切り取った作品で知られる。
多様な環境で、伝統の暮らしを継承しつづける少数民族の最高の姿を引き出すため、ともに笑いながら食卓を囲み、時には喜々として「彼らと同じ姿」にもなるというヨシダ氏。
そんな、究極のインクルージョンを可能にする、独自の人生観、人間観に迫る。