新着Pick
114Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
受験の化学でも、まずは「知識を入れていくこと」「基本の計算を克服すること」が必要になります。
その過程で諦めてしまう生徒もいるのですが、根気強く知識を習得していくと、つながる瞬間が来ます。

化学の3つの分野「理論化学」「無機化学」「有機化学」は独立しているように見えて、繋がっています。
「いろんな知識が繋がって、一気に化学がクリアできた!!」と言いに来る生徒を何人も見てきました。

そして、難関大の問題では、どの知識を使って解くかがパッと見わからないものがあり「考える力」が必要になります。

何かを学ぶときは「必ずつながる瞬間がくる」と信じて、投げ出さずコツコツとやっていくことが必要です。
「創造的な関連性を見つける力」を磨く。

考える力の定義の1つとして「1つひとつの知識を有機的につなげる力」はありですね。

知識を組み合わせて問題を解くパターン練習により、その力を高めることができます。

その先は、イマジネーション。未知の問題を解決するために、既知の知識をいかに結びつけるかがポイント。

論理的な関連付けだけではなく、創造的な関連付けが差を生む。子どもだけではなく、大人にも求められる力です。
「点」である知識を増やすことも、それに基づいて「線」で繋げることで未知なる問いへの解を導き出すことも、根本に知的好奇心があればこそ身につくものですから、子どもの旺盛な知的好奇心を妨げないことが第一ということになるのでしょうね。知らないことを知る、わからないことがわかるというのはいくつになっても楽しいものです。
2つあると思います。

1.学問としては、数学、哲学、歴史を学ぶこと。

その3つが、生きる上で大事な基礎となります

2.さまざまな人と会って、いろいろな経験をさせること

いろいろな世界を体験することで好奇心がでてきます

「基礎的な学び」+「広い体験からくる好奇心」=「創造力」

ではないでしょうか?
株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、日本の主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌、小説を出版している出版社である。 ウィキペディア