新着Pick
781Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日ニューヨークのBarnes and Nobleという大型書店に行ったところ、(こんまりさんの本がベストセラー欄に並んでいるのはもちろんのこと)「マインドフルネス」のコーナーに、"Ikigai(生き甲斐)" というワードがタイトルに入った本がたくさん置いてありました。

この"Ikigai" というコンセプトは、先日ニューヨーク・タイムズにも取り上げられた1つのバズワードです。

「日本のスタイルに学ぶ__」のようなサブタイトルが多く、こんまりブームを発端として、日本式の考え方が今見直されているようです。片付けに始まり、人生設計や休息法など、「日本式」のポジティブなトレンドは外国からみた日本全体のイメージにも良い影響を与えているような気がします。
3月8日は「国際女性デー」。NewsPicksは女性をはじめとする多様な人々の幸せな働き方を応援するプロジェクト「カラフルワーク」を本日よりスタートします。それと連動した特集がこの「カラフルワーク」特集。仕事や働き方や人生観も各人各様、色とりどり。どの色にも優劣はないし、どの色で染めてもいいじゃないというメッセージを込めました。

特集1回目、2回目は、Netflixの「KONMARI」が大好評、アカデミー賞2019のレッドカーペットも歩いた片づけコンサルタントの「こんまり」こと近藤麻理恵さんが登場します。

・スケッチブックに、今困っていることを全部書き出す
・価値観が違う相手を尊重する
・相手のテリトリーは不可侵
など名言が飛び出すインタビュー。励まされる言葉でいっぱいです。
Netflixでの大成功は無理に英語を使わずに最も熱量が伝わる日本語で喋る事に拘ったのは大きな要因だなと感じます。そして記事にある通り、Netflix側がそれを勧めてくれたのが良いですね。アメリカの同僚が言っていましたが、もはやNetflixは多言語プラットホームで、これまで字幕に慣れていなかったアメリカ人もいまや全く苦痛ではないと言ってました。また、米国で成功したもう一人の隠れたキーパーソンは専属で通訳しているMarie Iidaさんな気もします。下記はQuartzがその翻訳者であるMarie Iidaさんにインタビューした記事ですが、近藤麻理恵さんと思想レベルで同期させようとする仕事ぶりに感心しました。
MARIE KONDO’S BRILLIANT INTERPRETER IS THE UNSUNG HERO OF THE KONMARI PHENOMENON
https://qz.com/quartzy/1527584/marie-kondos-interpreter-is-unsung-hero-of-konmari-phenomenon/

因みに、QuartzのオフィスでもKonMariさんが日常的に登場しており、スラックでも“KonMari”や”Marie Kondo-ing”という表現で動詞として、「一気に片付ける」という意味として使われていたりします。つい先日も Hiya QZ. After Marie Kondo-ing it for the month of Feb, I am re-donning my... みたいな表現で。。 本当にレベルが一段違う流行ぶりだなと身をもって感じています。
今では世界のKONMARI さん。僕はリクルート、彼女はリクルートエージェントの時代、チームを組んで半年ほどお仕事をご一緒させて頂きました。
当時の第一印象は物静かな方という印象でしたが、仕事を進めて行くうちに、うちに秘めた闘志というのでしょうか、ものすごく達成意欲に満ち溢れていて、第一印象とはギャップがあったのをよく覚えています。
そのクライアントへの取り組みの成果が出て、お互いの会社でMVPの表彰を受け、クライアントも交えて一緒に打ち上げをしたのですが、その後連絡を取っていません。「ときめかなかった」ということでしょう 笑。
陰ながらご活躍を応援してます!
カラフルワークとはとても素敵な特集です!

個人的に特に刺さったのは通訳のくだり。クライアントの想いを細かく汲み取るために、あえて通訳を入れているとのこと。
言葉はもちろん大切だけれど、もっと大切なことが見えなくならないようにしないとな、と思います。

ところで、こういった女性イノベーター特集では、登場する人がすごすぎて働く女性の事例という目線で見てしまうとどうしても遠い存在に見えやすいと思います。(これは仕方のないことだと思ってます)

なので、何か生活の中で活かせる学びを得たり、勇気や元気をもらったりというような見方ができるといいなと思いました。
あらためて、片付け分野で海外でも爆発的人気、、、まさかですね。
過去チャレンジした日本人はいないのかもしれません。
日本でブーム後、海外と2拠点生活になったのも面白いです。

女性の多様なワークライフスタイルを、カラフルワークと名付けたのはナイスです!
人生の選択肢が多い女性。
人生を楽しみ、自分が納得する生き方をするには、他人を妬まず、羨まず、自分の選択を信じて、選択した道のコマを自分なりに進めるしかないと思います。

きっと、片付ける作業を通して、自分を見つめ直す時間を持つことで、モヤモヤとして気持ちがすっきりとするんですね。

>片づけることで、自分の人生やキャリアを振り返り、自分にとって何が重要かが分かる「リフレクション(振り返り)効果」がある
「今まで国内外を問わず、一番よく聞くお悩みの第1位は、「自分は家を片付けたいのに、パートナーが片づけてくれない」といった、つまり、同じ家に住んでいる人同士の価値観の違いですね」
「片づけが出来ないと悩んでいるうちに、自己肯定感が低くなってしまうのです」

“好きなことで生きていく”を体現したような近藤麻理恵さんは、「カラフルワーク」特集にまさにふさわしい人。
こんまりメソッドの世界的なヒットは、片づけの悩みがいかに普遍的で、世界の多くの人が同じ悩みをもっているかを教えてくれました。
そして、片づけという行為が、自分自身の価値観に深く連動しているということも。

「実は、明日と明後日も、私と麻理恵さんで、かなり長い時間を取って、今度、どうしたいのかっていう考える時間を取っているんです」
「月に1回くらい夫婦で行っているのが、大きなスケッチブックを目の前に置いて、2人で現状を書き込んでいます」

夫婦での活動が表面に出てくることは少ないので、明日の記事も楽しみにしています。
小さな子どもがいる中で、自宅をどう片づけているのか、子育ての話も出てくるといいですが。
茶道、華道に柔道、剣道。日本では何かを通じて精神性の修練をする「道」という考え方がありますが、この片付けメソッドはある意味、家元こんまりさんによる「片付け道」とも言えそうですね。
とかく精神論に走りがちな日本のスポーツ界にも最近は科学的アプローチが導入されていますが、逆を言えば何かの行為に精神性を意味付けするのが日本人は得意とも言えます。地方→東京→アメリカという直線的な成功というだけでなくNetflixにより肩肘張らずに素のまま(生搾り)が配信される状況も極めて今風だなと感じます。
USでも人気のこんまりさんの記事。
彼女の片付けメソッドは現状回復というタスクになってしまっていた片付けを「ときめき」というワクワクに変えたことが、受け入れられたポイントなのでしょうか。
たしかに、片付けるものそのもの自体には一つ一つ想いがあるはずですよね。


「周囲を幸せにしたければ、まずは自分のケアから」、「スケッチブックに、今困っていることを全部書き出す」など、とても共感することが多かったです。明日も楽しみです!