新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高関税を掛け合う前の2017年と2018年の対中貿易の結果を見ると、輸出が39億ドル減って輸入が329億ドル増え、貿易赤字は368億ドル膨らんだ(いずれも11月まで累計、米国商務省)。対象規模が小さい筈の中国側の関税が、代替国を捜しやすい農産物等の米国からの輸入を効率的に抑え込む傍ら、サプライチェーンに組み込まれた物品に対する米国側の関税は、米国の赤字削減に繋がっていないように見て取れます。増税を見込んだ米国側の駆け込み需要による一時的現象だ、という声もありますが、たぶんそればかりではないでしょう。『牛肉や豚肉を含めた農畜産品に課している「全ての関税」の撤廃を求めた』というところにトランプ大統領の苦しい立場をなんとなく感じないでもありません。こういった話が出て来ると、中国にとって、結構大きなバーゲニングパワーになるんじゃないのかな (・・?
大幅ポイントアップを狙った北朝鮮との非核調整がうまくいかなったので、次は、そこから目をそらすために、中国との交渉で成果を目指す…ということもあると思います。

Twitterは、公式には中国では見ることができないので、中国に言うというのではなく、自身の支持者に向かっての発言ですよね。

細かいことですが、正しい表題にするとしたら

「中国に農畜産品の関税撤廃を要求する ツイッターでトランプ大統領」

ですよね。(笑)

最初、タイトルをみて「Twitterで中国に要求しても…」と勘違いしてしまいました。
同様に日本とのTAG交渉でも、自動車の追加関税を脅しに使いながら、農産品の関税大幅引き下げを要求してくることは目に見えています。
大勢の立て直しが素早いですね😌

岩田さんも別にコメントされていましたが、今回の北朝鮮との決裂により、シンガポール会談も含めて、何やっていたの?単なる選挙向けのパフォーマンスか?という批難が上がっているそうなので、共和党支持基盤である農業州へのパフォーマンスですね。

これで中国から何かしらの譲歩を引き出せないと、俺は外交交渉が強いんだ!!という日頃の主張の説得力がなくなりますから。

でも、ツイッター読めない中国に言ってもしょうがないですね、となると次のターゲットに日本がなるかもしれないですので、トランプ大統領の矛先の行方に注目しないと。
以前、米中の大豆についてのコメントをしたことがありました。まさしく、こういうことではないでしょうか。

https://newspicks.com/news/2928369?ref=user_917751
次の米中会談の日程を考えながらのツイート。
そして中国とアメリカが喧嘩して貿易が低調な中、豊富な資源国であるブラジルが穴を埋める形で景気が良くなるという構造。
トランプ大統領のツイートは以下の通りです。
"I have asked China to immediately remove all Tariffs on our agricultural products (including beef, pork, etc.) based on the fact that we are moving along nicely with Trade discussions and I did not increase their second traunch of Tariffs to 25% on March 1st. This is very important for our great farmers - and me!"
https://twitter.com/realDonaldTrump

すでに米国は2日から予定されていた中国製品への追加関税率引き上げを延期していますが、本件はそれに見返りを求めたものと見られています。
中国は大豆の輸入を米国からブラジルにシフトしたと言われていて、トランプ政権は農業従事者の支持確保に迫られていることがうかがえます。
 やや無理な要求を突きつけ、交渉不調場合、中国に柔軟性がないと言い訳するかもしれませんね。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角文字なので半分の140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.36 兆円

業績