新着Pick
433Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とうとうS1、目論見書が公表されました。
ライドシェアというイノベーションが出てこれで始めてその詳細の経営データが世間に知られる。これが上場の、社会にとって良い点だろうと思います。

顧客が支払うグロスベースで8ビリオン、1兆円近いがそれでもまだ年率で2倍の伸び。これがライドシェア市場の巨大さ。

市場シェアは39%、つまりUberは約6割。米国ではほぼ互角。

ネット売上、lyftのテイクが26%も取れているのはやや意外。但しドライバーインセンティブをコスト算入しており、その金額が明示されていないのでわからない。
ボトムラインは約1ビリオン、1千億円強の赤字。

Uberとの最大かつほぼ唯一の違いは、北米のみのオペレーション。ゆえにエコノミクスはこちらのほうがヘルシー。

楽天は、久々の海外投資ヒット。2015年取得時のバリューは2.5ビリオン、今回上場時バリュー目標レンジが20-25ビリオンとの事。10xは下らない、ヒットというよりホームラン。今まで散々だった海外投資でようやく一矢報いた格好。
そのファンダメンタルズ、国内の圧倒ポジショニングにもかかわらず投資のまずさでBSを疑われPER10倍前後で低迷を続ける同社株価は月曜高騰するでしょう。
リフトの乗り合い機能は安いし、結構一緒に乗る人とのコミュニケーションもあって面白い。最近は空港着いてリフトに乗って与太話すると、アメリカ来たな〜って感じるくらい。

あと楽天13%も持ってるのか。当時圧倒的にウーバーが伸びてて、Winner Takes AllのIT業界においてリフトにここまでかけれた逆張りの投資戦略はやはりすごいな。楽天はこの手の業界二番手に手を出して逆張りする事例、痛い目にあってるものも結構あるような気がするけど、投資方針にブレがない。投資される側からすると、結局困ったら最後は楽天経済圏とドッキングしましょ、って言うグロースサポートを含めて提案されるのは魅力的だよね。
LyftがUberに先がけてIPO。バリューは200~250億ドル。筆頭株主は楽天13%。25億ドルの時に出資なので10×の大ホームラン。売上げ21億6000万ドル。赤字は9億ドル。日本とのスケールの違いでもはや正当な株価が幾らか想像つかないw 楽天の株価1.2兆円なので下手したら倍に。三木谷さん複雑な思いもあるだろうなw

この記事のUberとの比較はわかりやすい。まだまだ大きな差。
https://qz.com/1563536/how-lyft-stacks-up-against-uber/
ウーバーとリフト、アメリカの二大ライドシェア陣営のつばぜり合いが続きます。こういう話題を見聞きするたびに、「ライドシェア鎖国」がこの分野で遅れをとっていることを実感させられます。
この分野とは、単にライドシェアが基本的に国内では使えないだけでなく、データも取れないことを指します。次世代の移動にハンデを背負ってることを国交省とタクシー業界は責任とってもらいたい!
Lyftについては、下記2つのQuartz記事がオススメ。
①は業績などグラフでUberと比較したもの。②は上場資料を解析して、会社側が何をリスクと捉えているかを抽出したもの。例えばAWSや人々の印象といったものがある。
https://qz.com/1563536/how-lyft-stacks-up-against-uber/
https://qz.com/1563668/lyfts-ipo-filing-highlights-risk-factors-other-companies-dont-mention/

あと記事にもあるように楽天が13%保有。そして楽天の時価総額は現在1.2兆円。例えばLyftが2兆円と評価されれば税金などはあるもの約2000億円相当。世の中的にFintechが盛り上がっている中で、楽天は金融周りのサービス含めて既に収益化してデータもたまっている中で、過小評価になっているようには感じる。
WSJではドライバーに現金配ると記載あります
--以下別コメ転載--
なるほど。こんなやり方もあるんですね。現金配ってそれで上場時の株価を支えると。どのくらい対象者がいるんだろう
"運転手に単発の現金ボーナスを支給し、その現金を使って公開価格で株式を購入する権利を付与する。
-中略-
2万回以上のドライバーには1万ドル"
目論見書で公開された」「創業者からの手紙」。

大学で都市交通を研究していたLoganと別の大学でクリーン都市研究をしていたJohnの出会いが2007年。「現在の交通インフラは壊れている。全米で車の所有と利用にかける費用は1兆ドルで、家計支出として2番目に大きい。一方で稼働時間はたった5%で、毎年37,000人が交通事故で、大気汚染で58,000人が亡くなっている」。

”We were told we were crazy to think people would ride in each other's personal vehicles.” ライドシェアが徐々に受け入れられた理由、それは「所有から利用へ」を可能にしたテクノロジーの進化。「Netflixが動画を、Spotifyが音楽を、AWSがサーバーを、所有することから利用へと進化させた様に、いつか車も」と信じ続けた。

そしてLyftの“y”の秘密を公開。それは「創業のミッション、存在意義(“why”)である”To improve people's lives with the world's best transportation.” を忘れないため」ドライバーや乗客などあらゆる人がつながる社会、誰でも安価で移動でき柔軟に仕事ができ稼げる社会、そして環境に優しい交通インフラの構築。

大型ファイナンスの空中戦に思えたライドシェア戦争の一方の雄の創業者はその目に「実現したい野心的な未来」をはっきりと見据えていた。歩道は広くなり、駐車場は公園になり、信号機は緑の木々に置き換えられ、子供も老人も安心して外を歩ける社会へ。「テクノロジーを通じて社会を良くする」大型IPOラッシュのトップを切るLyftのIPOの成功は今後を占う試金石の一つとなるだけに、一層注目。
中国でも上海地区はMeituanが一定シェアをDiDiから取ったので、スイッチコストはあまりないと思います。
ユーザーとドライバー両方において。

そういう意味で世界の競争はまだまだこれからだと思います。
リフト共同創業者ジョン・ジマーによるビジョンとしての「第3次トランスポーテーション革命」

自動運転車が広まり、5年以内にLyftのサービスの大半を占めるようになる。

2025年までに、米国の主要都市で、クルマ所有が終わりを告げる。

その結果、都市の物理的な環境は、かつて経験したことがないほど、大きく変わる。

近未来のトランスポーテーションは単に人がどのように移動するかに影響を与えるだけではない。それは、街がどのようになり、そこに住み人達がどのように暮らしているのかにまでインパクトを与えるものになる。
リフトが正式にIPO申請したとのこと。3月下旬の上場を目指すことになります。
WSJによると、IPOに関連し「運転手に単発の現金ボーナスを支給し、その現金を使って公開価格で株式を購入する権利を付与する」そうです。
「輸送回数が1万回以上のドライバーに1000ドル、2万回以上のドライバーには1万ドルを3月19日もしくはその前後に支給」
https://newspicks.com/news/371409