【徹底比較・保存版】本当に使えるQR決済アプリと「裏技」公開

2019/3/4
PayPay、LINEペイ、楽天ペイ、メルペイ、オリガミペイ、Jコインペイ──。
こうしたQRコード決済アプリは、スマホでお金を払ったり、友人に送ったりできる便利なサービスだが、現状はサービスが乱立しすぎて、ユーザーからは「何がなんだか分からない」という声が聞こえてくる。
QRコード決済アプリが広がるには、加盟店にとってメリットがないといけないが、実際に使うユーザーにとっては「どれくらい使いやすくて便利か」が重要だ。
そこで今回、徹底的にユーザーの目線に立って、各サービスを比較する。
「どの飲食店・店舗に対応しているのか」「クレジットカードや銀行口座とは接続できるのか」「どの銀行口座と接続でき、できないのか」の3つに分けて、比較表を作った。
さらに、現在、知っている人の間では広がっている、QRコード決済アプリを使った「ポイント4重取り」の“裏技”も公開する。
(撮影:谷口 健)
LINEペイは一部のスタバでOK
まず、飲食店・店舗ごとの対応状況を見ていこう。
以下の図が、各QRコード決済アプリが、どのフランチャイズ店で使えるかをまとめたものだ。
コンビニ、カフェ、その他の飲食店、ドラッグストア、家電量販店、タクシー、書店百貨店、オンライン決済などの項目に分けている。