新着Pick
2672Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感動的によくまとまっていますね!
スマホQRコード決済の現状がすべて整理されています。

この世界に携わられている方たちのご苦労には本当に頭の下がる思いですが、ユーザーとしては乱立している状況にちょっと辟易としている部分もあって、「スマホで払います」でピッとできるようにならないかなぁと願っています。

ということもあり、個人的には少額決済はほとんど「SUICAで払います」で済ませています。で、たまに「○○ペイで」という感じでしょうか。

中国と違ってクレカや電子マネーが普及している韓国、台湾、香港の決済事業者の人たちに聞いても、スマホQRコード決済は”本気でやってる”という切迫感があんまり伝わってこないんですよね。

引き続きQRコード決済の行方が気になります。
ビジネス記事としてなら読めますが、消費者からすると、表の縦横がすでに多すぎ…(まとめ方の問題ではないです、念のため)

自分が登録してる決済手段の中から、一番お得なものを勝手に選んで決済してくれるサービスがほしい。

銀行の決済インフラもそんなに低コストというイメージはないので、(インフラとして)クレジットカードに取って代わるイメージがあまりなかったのですが、私の勉強不足ですかね…ただ、個別行ごとに○✕がつくような状況だと乱立する決済サービスの複雑さに輪をかけてしまっているようにも見えますが…
整理されているのはすごいですが…
水を差すようで、ごめんなさい🙏🙏🙏

NPが経済ニュースアプリなので書いてしまいますが、そもそもこういうHow to use がないと良く分からない、「ポイント4重取り」の“裏技”…等々が必要な決済手段は、普遍的な決済手段なはなれないと思いました。

決済は、simple is the best.
このままhow to use が進化するようでは、日本ではQR決済はインフラとしての決済ではなく、エンターテイメント的決済手段となるんだろうなぁ…
店舗側機器対応の負担があってなかなか対応可能店舗が広がらないのは承知のうえですが、首都圏通勤者として毎日SUICA(PASMO)を利用している人間としては、SUICA(PASMO)決済がより広がってくれると嬉しいです。
QRコード決済事業者各社が工夫を凝らしてUI/UXの向上に取り組んでくれているものの、PASMOですら「PASMOで払います」のレジでのやり取りが少し面倒になりつつある今日この頃、QRコードを毎度立ち上げるのは面倒に感じます。
また、お金の入り口については、クレジットカード連携か銀行引き落としかは個人の好み(私は銀行口座引き落としがまとまるクレジットカード連携が好みです)ですが、銀行口座からのチャージは試したことはないものの面倒だなあという印象があります。
メモメモw

早速kyashやってみたがアメリカン・エキスプレスからチャージ出来ないー。
私のメインカードは私にお仕事教えてくれた素敵なブランド、アメリカン・エキスプレスと決めているので(ロイヤル・ユーザーだと思いますよ…)どうにかならないかな〜
素晴らしいまとめ記事。ご整理いただき、ありがとうございます。

キャッシュレス対応店舗、接続できる銀行ともに、早期に全てに○がつけられるよう、メルペイの営業チームとパートナー様とともに推進していきます。現金の利用比率が高い郵便・医療・介護・タクシーなどの公的サービス領域、地方でのキャッシュレス推進にも、積極的に取り組んでいきます。

クレジットカードとの接続だけでは、キャッシュレスの本丸である「現金からの置き換え」は進みません。(実はまだまだ多い)カードを使われていない方々のキャッシュレスを実現するためにも、「つながらない銀行」をなくすことが必須と思っています。ひとつずつ、金融機関さんとの連携を実現していきます。

真の意味で、使える決済・使われる決済を!
ユーザ目線でみるとよくまとまっていると思います。

クレジットカード紐づけが銀行紐づけかというのはその通りですが、例えば、PayPayの場合は、クレジットカードを紐づけて直接決済と、YJカードか銀行から残高にチャージして支払うという機能があるので自分が後払い決済をしたいのか、プリペイドで払いたいのかは意識して使う必要があります。

今は、仕様や加盟店も乱立して分かり難いとは思いますが、キャッシュレス推進協議会が進めている標準化QRの議論も着実に進んでいるので、後数年すれば、どこでも同じように使えている未来がきっと来るはずです。
各陣営の基本情報をまとめた素晴らしい記事。やはり対応店舗の表が味わい深いですね。印象的なのは後発ながら、かなり対応の多いメルペイ。それもセブンやマック、すき家、ガスト、マツキヨなど業界トップの企業でメルペイのみとなっているのはやはりフェリカに対応したお陰でしょうか。逆にLINEやpaypayはまだまだ対応が狭い。人海戦術でどこまで広げられるか、一方で記事にもある通り、店で対応する数には限りがあるので、指定席の取り合いでしょうし、店側も選択を迫られますね
半年ごとにアップデートしていただきたい記事!
ポイント4重取り。。。こういうのに疎いタイプなので細かくたぶん人生上損しているタイプです。現状、クレジットとSuicaで事足りているので当面様子見。
各種QR決済がどこで使える・使えない、どの銀行とつながる・つながらないの表が分かりやすい!
こうして見ると後発ではあるが色々なところで使えるといいう点でメルペイの強さが伺える。ただ、それでも使えないところも多く、使おうと思って出しても使えない状況というのはユーザー体験として決して良いものではない。根本的にはまだネットワーク効果を発揮するには店舗が広がり切っていない状態という印象。
どこがどうやって早く広げるか。特にしばらくはキャンペーンは続くと思うが、いつまでもやれるものでもないと思う。コストをかけてでも先に囲い込めるかの勝負に見える。
この連載について
PayPayやメルペイなど、新しいQR決済サービスが次々と生まれている。一方で、政府は2800億円の予算で、中小企業のキャッシュレス化を後押し。東京五輪を前に、Visaやマスターカードも反撃を準備している。この「キャッシュレス狂想曲」の行方はどうなるか。その最前線をお届けする。

業績

業績

株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.83 兆円

業績