新着Pick
307Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ID戦略」「動画」「One to One」という3つの論点。

個人情報を元にしたコミュニケーションの難易度が下がった結果、コンテンツの重要性、伝えたいことの大切さが際立つようになりました。
動画制作が気軽にできるようになって、安易なものは埋没するようになりました。

将棋の羽生善治さんが、2006年に出版された梅田望夫著『ウェブ進化論』の中で言っていたことを思い出します。
「ITとインターネットの進化によって、将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれた。でも、高速道路を走り抜けた先で、大渋滞が起きている」

一定程度の先までは行きやすくなったけれど、その先を抜け出すのは容易ではないということ。

「だからこそ、いかにして個性を出すか、自分なりのスタイルを築きあげるのか、ということを考えざるを得ない時代になっているのでしょう」

参考記事:羽生善治「“学習の高速道路”の渋滞を、経験を活かして抜け出していく」
https://cakes.mu/posts/10187
第1回目がビジネスモデルの話
第2回目がKPIの話
第3回目がデジタルトランスフォーメーションの話
第4回目の今回はDXの3つの論点

素敵な編集に感謝
動画はもっと身軽に。が印象的。

またID戦略。
2000年代にデジタル化の波とは別論理で、カンパニー制→子会社化が進んだ企業も多いためプラットフォームの概念がどういう範囲で管理されているのか、本記事を見ると余計に気になります。
リクルートは長年の課題がライフステージごとのサービス提供をしていながらユーザーが分断されている点でした。その後共通IDやクレジットカードが出現しましたがどうでしょう。
企業起点の製品から、顧客起点へのサービスへ。
そんな大きな流れな気がする。

□サブスクリプションにおける4Pの変化□
https://note.mu/delpie6/n/nbf1898d61dfe
人間が割ける時間や、分類できる量には限界がある。だからこそ、IDやOne to Oneという文脈において、データを活用しながら自動化をしていかないと、とてもじゃないけどできない。
一方で自動化をするなかで、「任せればある程度大丈夫」という感覚がないと進めにくい。そこには、自動化をして人間がやるより緻密にやった結果として効果が出るという部分と、変なことをしないという安心感(リスクを感じない)という両面が必要だと思っている。後者部分が実際の導入においては抵抗感が出てくることが多いのではないかと思う。
今日も須藤さんの金言が連発でしたが

『「デジタルトランスフォーメーション」が訪れたとき、勝敗を決めるのは知恵や知性ではないかと』

で、膝をバンバン叩いてしまいました♪
ユーザーの目に触れるようにするための勝負も、ポータルサイトなどの数少ない一等地を奪い合う戦いでした。
ところが検索エンジンの登場により、「住宅」であれば「マンション 東京」「一戸建て 東京」といったように、戦う領域が様々なキーワードで細分化され始めました。これは一等地が数多くに分断されたとも言え、それによって細分化されたポイントにリソースを集中投入するという、いわば局所戦型に移行していきました。
そこから現在は、一等地がSNS別、デバイス別、アプリなどレイヤー毎にセグメントされたことで、超局所戦という無数の一騎打ちの時代が到来しています。
この「OODAループ」は、「Observe(観察)」「Orient(情勢への適応)」「Decide(意思決定)」「Act(行動)」から成り立っていて、情勢を観察して、さらに適応し、意思決定して動けという意味です。

これからの時代は、「PDCAサイクル」ではなく、この「OODAループ」が必要になってくるはずです。
「PDCA」から「OODA」へ。
じっくりプランニングして緻密な分析とかしてる場合じゃなくて、状況に応じてどんどん適応して変化し続けることが大切というのは、日に日に実感するようになってきました。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。