新着Pick
The Wall Street Journal
米アップル幹部が課題を抱えて大手銀に接触したのは2017年のことだった。 アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の端末レンタルやデジタルウォレットへの入金、友人への送金といったサービス提供で中小銀行の寄せ集めに頼っ...

この記事は有料会員限定の記事となります。

41Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アップルがGSとクレジットカードを発行するというニュースに、バークレイズカードがすでにアップルとの提携カードを出していたのに今更という印象を持っていました。

しかし、この記事をみると、これまでの融資や決済を含め、提携関係の一元化に動いたことがわかりました。

決済と金融の強化、アップルがいよいよ本腰を入れはじめたようです。iPhoneとの連携で、どんな機能とデザインになるのか、楽しみですね。
人気 Picker
私、最初にGSと⁇と思いましたが、よくよく考えたらブランドイメージをAppleは重要視したのだなぁと、後から納得しました。海外では、決済処理はプロセッサが全て対応してくれますから、その点で自社システムを使っている日本のカード会社とも違い、もしGSが⁇と思えば、提携先を変更するのも比較的容易に出来ます。
GSとAppleの組合せが、新しい金融サービスを生み出せれば、Fintech の幅も広がるかもしれませんね。
期待したいです。
何故かピックされないので。
強烈インパクトで当社としても(日本進出前提として)戦略練り直し要です。
GSと言えどもアライアンスに活路を見出すわけで、改めてMUFG×KDDIは加速させる必要あります。
この提携のインパクトは大きい。iPhoneシェアが高い日本でのGSのリテールバンク戦略の中核になるのではないか。日本のFintechコミュニティも激震に備えた方が良いかもしれない。
ゴールドマンとの交渉の前にシティグループにも打診があったのか。知らなかった。アップルはiPhoneの販売が減速する中で金融への関心はどんどん高まるだろうし、その分野の売上が大きくなっていく可能性は少なくはないと思う。日本の企業でも、楽天など、金融が屋台骨になっている企業は少なくない。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
129 兆円

業績