新着Pick
499Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
多様な通勤手法が広がっていくのは良いことです。
繰り返し言いますが、そろそろライドシェアを解禁しないと、移動の多様性も得られなければ、ビッグデータの収集もままなりません。タクシー業界と行政は、自分たちのエゴを捨て、業界への天下りを是正し、ユーザーの利便性拡大を第一に考えるべきです。なぜ、サービスに自信があるならライドシェアと同じ土俵で戦おうとしないのか?
いよいよ!配車予約できるのは通常のタクシーと変わりませんが、簡易デスクに加えてWi-Fiや電源があるのは魅力的。

移動そのものではなく、移動中も有効に時間を使えることに価値がある。
10:00から始まる打ち合わせに向かう時の、9:30頃の「タクシー“回送”ラッシュ」を乗り越えられるなら、高いお金出してでも乗りたい。

通勤の時間帯と、タクシーの時間帯の合わなさがネック。
ライドシェアはタクシー会社が反対してますが、いろいろな選択肢が増えることは正常な進化。
これは、「実験」はいらない。
「朝と夜の時間帯で運行し、1日合わせて60人程度の参加」の実験など迂遠。

契約法人向け、「相乗りサービス」(カープール)として、
すぐにビジネス化できるサービス。
もし規制問題があるなら、すぐに規制改革すべき。

「スマートフォンで指定した場所から通勤先まで送迎する法人向け配車サービス「オンデマンド通勤シャトル」を報道関係者に公開した。三菱地所と共同で26日から3月22日まで、東京・丸の内で実証実験を実施する。」
トヨタとソフトバンクが提供するオンデマンドシャトルが今日から実証実験を開始。都心から20km圏内でのスタート。1日60人程度が対象になれるようだ。
範囲は都心から20キロ圏内との事ですが、会社の近くに住んでもらう一つの大義名分にもなりますね。
いいですね、残念ながらオフィスが丸の内では無いですし、大学も役所もこういうものからは縁遠いですが…
通勤シャトルバスいいじゃん!ドライブチームのみんな頑張ってね。商用サービス開始を楽しみにしてます。
できるところから。行動が速いですね。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
21.6 兆円

業績

三菱地所株式会社(みつびしじしょ、英:Mitsubishi Estate Company,Limited)は、日本の大手不動産会社。総合デベロッパーとして、三井不動産と共に業界の双璧を成している。丸ビルや新丸ビル等のオフィスビルのプロパティマネジメントを担う三菱地所プロパティマネジメントや、住宅事業を担う三菱地所レジデンス、設計事業を担う三菱地所設計等をグループ内に有する。 ウィキペディア
時価総額
2.82 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.1 兆円

業績