新着Pick
876Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ZOZOARIGATOの説明サイトをざっと読みましたが、出店するブランドとしては、10%の値引きした分、ZOZOへロイヤリティが上がるような(実際に上がるかどうかは微妙)インセンティブがユーザーに付与されるというものでした。あれでは、それなりにこだわりがあるブランド、価格コントロールは基本的に自分たちでしたいはずのブランドは、撤退したくなるのは分かりますね。
ZOZOって、要はネットの百貨店ですよね?ちょっと立ち位置を勘違いしているような気がしました。

追記
オンワード樫山の時の記事リンクさせて頂きます。ZOZOは、適時開示もっとしっかりやれば少しは印象変わるのに…
https://newspicks.com/news/3614066/
ビジネス界の「一発屋」になってもいいと思います。

企業を永続することが経営者の役割ではありません。
いかに「出資者」に報いることができるかが、最大の課題なのです。

いずれ、「ワンプロジェクト・ワン・カンバニー」の時代が来るかもしれません。
ホリエモンチャネルでMBさんと対談して思ったよりもZOZO危機だなと感じました。
「【MB×堀江貴文】ファッションビジネス編第2弾〜ホリエモンチャンネル〜」FRESH→https://goo.gl/MxRfGz ニコ生(冒頭20分)→https://goo.gl/Qg84pG #ホリエモンチャンネル
私にとってノースフェイスは、「ピンチヒッターブランド」。

「3日後の長野が大雪の予報だから、急遽スノーブーツが欲しい」とか「週末の屋外イベントが雨らしいから、高性能の防水パーカーが必要」みたいな「要緊急対応」な時に買うことが多いから、ZOZOからなくなるのは痛いな…という、1人のZOZOユーザーの想いです。。
「ノースフェイス」の撤退はイメージ的にもかなりダメージは大きいのではないでしょうか。これまでの百貨店ブランドとは違い、ZOZOと相性のいい売れるブランド。ただ、セレクトショップからの出品があるようで、これが続く限りは影響は見えづらいかもしれない。ゴールドウィンがセレクトショップなどとどのようなコミュニケーションを取っていくのかも注視したいところ。
会員向けに割引を強制するというのはやはりプラットフォーマーの横暴だと思われてもしかたがないと思う。
アマゾンもマーケットプレイスの出展者にポイント還元を強制するような動きをしている。これは優越的地位の濫用ですよね。

一方で、前澤さんは色々言われていますが、個人的には痛快で応援したいです。
モンクレー、タトラス、デュベチカ等の高価格帯ダウンを着る人をよく見るようになりましたが、それでもノースフェイスを圧倒的によく見ます。外国人もよく着てます。本当に高機能なんですね。
前澤社長の言動で離れていったブランドフリークもいるでしょうけど、逆にエンゲージメントできたユーザもいるんじゃないのか。北関東あたりのイオンモールにタントで乗りつけてるような人が(ステレオタイプ)

説明し切れない、というのはZOZOの画面を見ると納得です。ただまあコンバージョンを突き詰めてる結果としての成功がある訳で、ブランディングに考慮して購買ページからブランドサイトにアクセスとかさせていたらここまでの業績にはなってないですよ。
なんでもかんでも割引きのせいにするのもどうかと。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
7,869 億円

業績

株式会社ゴールドウインは、スポーツウェア、スポーツ用品の製造販売を行う会社。 ウィキペディア
時価総額
4,022 億円

業績