新着Pick

キャッシュレス払いは現金より1割も得だ

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先週、5日間大阪と東京に出張してたのだけど、チャンギまで来てはたと財布忘れた事に気付いた。1月末から英国に2週間、その後1週間シンガポールにいたけど、移動は全てレンタカーと配車アプリで、カフェやレストランでの外食やスーパーでの買い物も全てApple Payで決済していたので、自分の中でキャッシュや財布の存在を完全に忘れてた。日本では当然スマホだけではどうしようもないので、大阪で親の口座にネット振込して現金を手に入れて何とか乗り切ったのだけど、国内では未だスタバですらApple Pay使えず、店員も海外ではあり得ないと嘆いていた。ガラパゴスなペイメント乱立してるけど、海外からの消費者としては井の中の蛙の争いの還元策より、普通にグローバルスタンダードな決済導入してほしいと皆思ってるはず
随分極端な方の記事ですね。
記事の中にあるようなカード会社のモール経由または事前登録をしてのカード決済、今派手にばらまかれているインセンティブに掛かるコストは、長期的には最終的に消費者又は加盟店に転嫁されるということを考えると、この記事にあるようなお得さがないとキャッシュレス決済はしませんという人達ばかりでは、その負担に耐えられない小規模商店や、個人情報は一切開示したくありませんという消費者は、いつまでもキャッシュ決済を選択しなければならなくなると思います。

キャッシュレス決済によってマクロとして削減されるコスト、例えば紙幣や貨幣の製造コスト、ATM維持コスト、ちょっとキャッシュレス決済とは直結しませんが残高ゼロの銀行口座を無くすことで削減されるコストによって、そして、キャッシュレス決済によって浮き上がってくる本来徴収できる税金の総額が、日本国民全体にプラスになるという大きな目的があってこそ、キャッシュレス決済が必要なのであり、この記事にあるようなお得感を享受することがキャッシュレス決済の本質だと思われてしまうことは、いつまで決済手数料の高止まりに繋がりますので(確かに今はQR決済は無料でも永続的ではないです)、結局、QR決済でもクレジットカードでもいいのですが、加盟店のすそ野が広がり切らないです。
シンガポールや欧州でキャッシュレス決済の便利さを感じている人が、この記事にあるようなお得感で便利だという人はいないでしょうし。

あと、この記事が絶賛している中国のQR決済ですが、便利なのは中国人だけであり(中国内に銀行口座が必要)、外国人は不便を強いられています。
未だに現金払いの人は、「現金を神とする宗教なんだな」と考えてる。

僕は‪PayPay‬×Kyash×楽天カードのポイントジェットストリームアタック(三重取り)がデフォです
今は電子決済が普及していないので、得だからで広めようとしています。
得だからで使って楽だからに気がついて普及してくれるといいなと思うので、割と偏った記事でもよしです。
日本では「現金の場合はポイント付与」というケースもかなりあります。キャッシュレスの流れにあることは間違いありませんが、「おトク」という観点だけでは現金主義の方への訴求力は低いかもしれません。
かなりキャッシュレス派ですが、体感的には1割お得は言い過ぎでもないと思います。特に年末の「PayPay祭り」以降はいろんなサービスを使いこなせればかなりお得な生活ができたと思います。今後も当分、色々な店舗でのキャンペーンが続きそうなので、お得な生活を続けることはできるのではないでしょうか。
現金の手間を考えれば1割くらいキャッシュレスのほうが得とも言えますけど、民間企業がやってるサービスなので、どこかで埋め合わせをされるはず。(小売店への手数料、購買履歴等)
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績