新着Pick
1061Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
労働人口割合は、男女とも総人口の約6割で男性がやや多く、65歳以上の割合は女性の方が多い人口構造にも拘わらず、日本で女性がこれほどまでにマイノリティになっていることが不思議です。
職場環境は多くある要因のひとつにしか過ぎず、男女ともに小さいころからの摺り込みがあり、固定概念があることが一番の大きな要因だと思います。
本やTV、漫画など、小さいころから見聞きしているものからの影響は大きいため、男性だけではなく、女性も擦り込まれている部分があるからこそ、なかなか変わらないのだと思います。
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/201801.pdf


>女性をはじめとするマイノリティを含めた「誰もが働きやすい職場」であるかという視点を持つ


また、アンケート結果からは、”社会・会社から認められること=誰かに貢献する意義”とならないことは不思議です。
>女性はやりがい重視、男性は見返り重視という傾向
>女性は仕事をやりきる、誰かに貢献する、といった「意義」をモチベーター(モチベーションの源泉)にする人が多い。
自信の源泉について聞かれると
『自己設定したハードル(目標)をクリアすること』
と答えていましたが、
自己設定だけでなく上司によるストレッチアサインメント、
機械提供も重要ですね。

→→
人が自信(自己効力感)をつけるために必要な要素とは何かといえば、各人にとって今まで「できなかったこと」が「できること」に変わる体験をすること
→→

使命感を感じるのは自発よりオファーによるものが多く、
特に女性は『必要とされること』に燃える。
着火の仕方は上司の腕次第。
「誰もが働きやすい職場」とは何かについて考えることが、重要な時代になっているーー。そのワケは、「日本人・男性・正社員」という職場のメインストリームも、職業寿命が伸びる問題などから、いずれは自身も、「事情があって働くひと」になる可能性が極めて高いからです。

立教大学の中原淳先生に、その見極め方を聞き、久喜デザイナーによる完全図解でお届けします。

ちなみに明日からは、女性をはじめとする多様な人が、自分らしく楽しく面白く働ける未来を考える「カラフルワーク」特集をお届けする予定です。こちらも是非、合わせてお読みくださいませ!
1 責任を持って仕事に取り組む風土
2 多様性を認める風土
3 残業見直しの雰囲気
4 絶妙なストレッチ
5 フィードバックする文化

「働きやすい会社の特徴」。
「誰もが働きやすい職場」があるものだろうかと思いながら、読み進めましたが、たしかにそうかもしれません。

最近、事情があり、介護施設をみる機会が増えました。
歳を重ねるとともに、「様々な事情」の経験が、自分の中に蓄積されていきます。

それでも、人の事情は、究極的にはわかりえないもの。
経験していないとわからないということもあるし、似た経験があるから、過小評価してしまうこともあります。
やりがいと成長感。私自身が仕事を楽しいと感じ続けられる点です。

それにしても管理職登用に金銭的見返りを期待していない点は日本企業の課題の一つ。
責任と権限、給与は本来しっかりリンクしているものだと思うが。
(ま、独立するとそうも言ってられないが圧倒的なやりがいと権限で担保。。。)

オンライン英会話の先生と雑談をしていて、日本人はだいたい仕事が面白くないと言ってる中、初めて仕事が楽しいという人に会ったと言われ絶句しました。今も職場に残ってたら何が得られた?と聞かれて「安定した高収入と上場益」と答えたら笑われた。
人生の優先順位は人それぞれ。ずいぶん論点がずれましたがお許しを。
女性が楽しく生き生きと仕事が出来る会社には中小企業が多いという。それは大企業のように人が集まらず、従業員を大切にするからだ。フレキシブルな勤務体系が大きいと思う。子育て中の女性はとにかく忙しい。9時5時なんて夢のまた夢。そうした立場の人をどう戦力化するか、考えることが重要だ。
ジェンダーギャップを理論的に意識の違いなども含めたデータベースで分析されており、とても参考になる記事。
中原先生のこの記事でマクロ目線で全体像を捉えつつ、自社ではどんな状況かを分析してアクションに繋げるところまで考えたいと思いました。
マジョリティの中にいるとマジョリティのことしかわからない。自分がマイノリティ側になって始めて気づくことも多いだろう。

マイノリティの方と対話する機会で知り合う、分かち合うことから。
働きがいがあって、その中でも様々なバックグラウンドに基づき働きやすい環境もどうセットでつくるか。独身、共働き、子育て、介護、障害、病気、外国籍…。どういう前提であれ、仲間の働く環境やその中で取り組む中身に支障がないようにしていきたい。まだまだその途上。
中原先生の視点や知見はいつも論理的でありながら、実践的。とても勉強になる。
この連載について
いよいよ、本格的な就活シーズンがスタート。社会人も異動シーズンを迎え、我がの身を振り返り、新たな挑戦を考える時期だ。なかには転職を検討する人も多いだろう。そこでNewsPicksでは、社員による自社評価サイト、Vorkersと学生就活情報サイトワンキャリアとコラボ。学生人気の高い企業は果たして、本当に社員にとって働きがいのある良い会社なのかを、徹底検証。各界で活躍する人気企業OBが明かす人気企業の本当の中身についても、明かしてゆく。