新着Pick
2249Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヴォーカーズの副社長としてお話させて頂きました。

これまでの求人サイトは、掲載される情報を企業がコントロールすることができました。また、お金を多く払った会社が上位表示されました。

しかし、社員クチコミサイトVorkers は、社員の生の声がダイレクトに反映されます。また、クチコミスコアの高い会社が上位表示されます。

個人に対して透明性の高い情報を届けることにこだわって運営しており、一見の価値のあるサイトだと自負しております。

一方で、Vorkers に掲載されているのは、あくまで他人の声です。誰かにとって良い会社が必ずしもあなたにとって良い会社だとは限りません。その逆もしかり。

Vorkers のクチコミやスコアをそのまま鵜呑みにして会社を選ぶのは愚かなことだと思っています。

就職活動生の皆さんにとって大切なことは、自分は何を大切にして会社を選ぶのかを、自分で決めること。そして、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の頭と心で会社を選ぶことです。

対談は北野さんのキレキレ感と私のボンクラ感が良い感じでブレンドされてます(笑)
ヴォーカーズ副社長の麻野耕司さんとの対談を、佐藤留美さんに記事化して頂きました。
麻野さんも私も「そもそも論」「ビジネス」が大好きなので、ついついお会いすると理屈っぽい話で盛り上がります。他方でキャリア論の大家である金井教授がキャリアドリフトの理論で唱えたように

節目以外はキャリアをデザインしない。
“流される”ことで偶然をチャンスに変える

ことも大事だと思います。あくまでランキングは情報の一つ。

溢れる情報の波に飲ますぎず、自分なりの思考の軸をもつことを大事にしていくことも大事だと、私自身も再確認できた対談でした。麻野さん、佐藤さん、福地くん、ありがとうございました!
今回は、人気企業の社員は自社を本当に評価しているのか? を検証すべく、学生に人気で社員の評価が高い企業のランキングを掲載します。

そして、ベストセラー『転職の思考法』の著者、北野唯我さんとVorkers副社長の麻野耕司さんに、ランキングの解説と共に、情報過多時代の仕事・会社選びの鉄則について語って頂きました。

・体臭のある会社が狙い目
・穴場企業は存在する
・人気企業は入ってもレッドオーシャン

など金言が続出の記事です。就活生や転職を意識していらっしゃる方にお読みいただけると、速効性があると思います(笑)。本日から7日間、どうぞ、よろしくお願いいたします。
消費者ブランドの分析で昔、「本音×建前」分析というのがあって、消費者ブランドにおいて、建前上で重要とみんなが言っている要素と、実際に本音で心の底でブランド選びにきいている要素は違う、というのがありました(たとえば、建前では「品質の良さ」とか言っているけど、本音では「憧れの芸能人が使っているらしいから」というような。)

どうしても外側のイメージ=人気度で選び勝ちな企業の分析に、こうした内側の実力=評価のしっかりとした分析が加わっていくのはとても良いことですね。人気度ランキングに対してVorkersは企業の口コミランキング(食べログ的なもの)なので、あと最後は信頼できる誰かのコメント(Retty的なもの)があれば最終的な意思決定はされやすくなるでしょうね。

対談の内容はまさにその通りだな、と思うことばかりですが、特にエンゲージメントにおいては「経営が言行一致、つまり言っていることとやっていることが一緒」というのは、胸に問いかけてぐさっときました。ブランドって約束ですしね。商品だけでなく、企業も、約束したことをしっかりと実行できているかが、採用候補者たちに対するブランド形成にきいてくるということですね
迷える就活生に読んでいただきたい素敵な内容です。

金言たくさんですが、99%の人は本当に「やりたいこと」などない「being型」なのにやりたいことを探し求めて彷徨っていて、そこで迷わなくていいんだよ、とメッセージを送ってくれているように感じます。

そういう人がやりがちなのが、商社やメガバンクに落ち着く道とのこと。実感ありますし、冒頭のランキングでもワンキャリアのお気に入り登録順位トップスリーは総合商社なので、このご時世こういう数字が出ること自体がいろいろ物語っていると感じます。

後半の外資系企業の話は総論正しいと思いますが、中の人と話していると、大きい組織になるほど会社の中の役割分担はいろいろなので、全員がバリバリキラキラできるわけではないという認識です。
会社運営のシステムがしっかりしている分、システムに乗って働くだけになっちゃうとつまらなくなってしまう例を見ることがあります。
就活時代、3C分析を正しくしていたかは甚だ疑問ですが、私自身のことを言うと、当時、設立5〜6年目のサイバーエージェントに入社したのは本当にラッキーでした。
レッドオーシャン企業に入っていたら、今頃大した成果も出せず周囲の優秀な人たちの活躍を尻目にただただ埋もれていたでしょう。笑

外から見る会社と、中から見る会社は全く違います。
企業選びをする際大事なことは、あらゆる情報に惑わされず、その会社が自分に合うかどうかを自分の目で納得がいくまで見極めることだと思います。
就活生に良い記事と同時に、学生に見られている企業側としても、興味深かったです。
とくに、

“良い会社とは、会社のカラーや風土、つまりは匂いが、外に漏れ出るくらいハッキリしている”

マッチングサービスやゲームなどのコンテンツのプロモーションも同じで、価値観や特徴をはっきり示すとアプローチできる絶対数は減るけど、その分ノイズも減り巡り合った人の定着は上がります。

ただし同質の価値観が集まりがちなので、“異質をウェルカムとする風土や匂い”も意識的に放つ必要があるなと思いました。
創業147年の企業に40年近くいる人間として、時代が変わったことを実感する記事です。ただ、時代は循環もします。私が大学生の時は繊維不況の真っ只中。東レの社員のOB先輩に「なんで東レなんかを選んだのですか」と失礼にも聞いたことがあります。その先輩から「オレが入った時は人気企業のナンバーワンだったんだ」と言われ驚いたことがあります。ご承知のように東レは見事に生まれ変わりました。
以下の部分をテイクノートします。これからのジャーナリズムは記者個人のエンゲージメントが大切だという私の持論と合致します。

「P&Gやグーグル、マッキンゼーのような組織は、社員をロイヤリティーではなくエンゲージメントで束ねているため、社員が自発的に働く。だからこそ生産性が高い。
そして当然、生産性の高い会社は業績が良いともいえます。」
海外でお酒が飲める所に行くとキャッシュオンが多い事に気付きます。これ、酔っ払いへの取りっぱぐれリスク、つまり不確実性に対応するものらしい。不確実性が高まると即時清算方式になるのは会社も一緒。それなのにP&Gより安定感がなく業界的にも不確実性が高い多くの日本企業が後払い方式を取っている。そりゃ満足度は下がるだろうなと思います。

またここでも触れられているように満足度は期待値ギャップ。ある人にとっては居心地の良い会社でも、後々居心地が悪くなりそうな人まで変な期待を持たせて入社してもらうと満足度は下がる。つまり満足度の低い会社は社内施策が間違っているのではなく採用段階でのアンマッチなのかもしれない。これは産業医として相談を受ける時にも常々感じる部分です。
何をやりたいかの「To Do型」ではなく「どんな人間でありたいかの「Being型」を目指すというメッセージは素晴らしい。就活生で本当に心からやりたいことはほとんど無いけど、面接などの就活の選考プロセスで何かないとまずいとあせらせる傾向がある。
また、「やりたいこと」がでてきたときに実現するために「できること」を増やすのも重要で、それが人材の市場価値につながると思います。
また、記事の中である入社前と入社後のギャップを減らすのは、とにかくインターン。1日や2日のインターンはインターンではなく会社説明会の延長なので、そうじゃなくリアルに働くインターンが根付けばギャップは減ると思います。学業に集中してもらうなら卒業後のインターンや卒業後の就活だってよいし、企業もそう変わらないとよい人材採用できないというループに変わりたい!!
この連載について
いよいよ、本格的な就活シーズンがスタート。社会人も異動シーズンを迎え、我がの身を振り返り、新たな挑戦を考える時期だ。なかには転職を検討する人も多いだろう。そこでNewsPicksでは、社員による自社評価サイト、Vorkersと学生就活情報サイトワンキャリアとコラボ。学生人気の高い企業は果たして、本当に社員にとって働きがいのある良い会社なのかを、徹底検証。各界で活躍する人気企業OBが明かす人気企業の本当の中身についても、明かしてゆく。