新着Pick
208Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
食生活と健康に関する研究は無数にありますが、本や雑誌で好き放題言われているような提案に、それをサポートできるような科学的根拠はほとんどないと言わざるをえません。

特に医師が記事を書いている時が厄介で、一見論理的で正しく見えるのですが、ほとんどの場合に統計学や研究結果を歪んだ形で利用しています。そして、そんなことは著者もわかっている、と思います。

その背景にあるのは、小遣い稼ぎ、名誉、売名、何が該当するのか私にはわかりませんが、腑に落ちる説明があることはほとんどありません。

食生活の変化により健康を導くことができるか、を研究で証明するためには、本来、ランダム化した2つのグループの片方に健康を導くための食生活をさせ、もう片方には普通の食生活をさせる、といった「介入」試験を行う必要があります。さらに理想的には何を食べているかわからないように「盲検化」する必要がありますが、これはもはや不可能に近いことです。

このため、食生活の「エビデンス」は、どんな食生活をしていたか、その人がどんな病気をしたかのアンケートを取って相関関係を検討する「観察研究」が元になります。

この観察研究では、アンケートをとっているだけですから、証明されるのは「因果関係」ではなくあくまで「関連性」です。また、交絡因子を十分に除外することができないという点も無視できません。このため、研究から言えることはあくまで、◯◯を食べる傾向はよく理由はわからないけれど心臓病が少ない傾向と関連していそうだ、というところまでであって、◯◯を食べれば健康になる、という結論を導くことは困難なのです。しかし、そんなつまらないことを言っていては本が売れないため、本では「これを食べれば健康!」と謳うのです。

食事と健康を大々的に語って人を変な方向に誘導するぐらいなら、これとこれの食べ合わせは意外と美味しい、こんな食生活で幸せになった、などといった味覚やフィーリングに訴えるような本の方がまだ世の中の役に立つのでは、と思います。
良いまとめ。個人的には「ある程度このあたりが正解に近いだろう」というゆるさを大切にしています。精神的ストレスを勘案するとそれが最適解と思うからです。

合わせたいピークによって食生活レベルもなだらかにコントロールするのはあおすすめです。僕の場合は、試合がある土日に向けて徐々に「(自分の思う)健康的な食事と適度なストレスを感じる摂生」のレベルを上げていきます。そして月火くらいには好きなものを食べます。
1. 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 津川 友介(UCLA助教授)
がおすすめです。

科学的に信頼できるかどうかの見分け方は難しいです。まず、根拠になる参考文献(論文)がないものは、信頼性がかなり下がります。

参考文献があっても信頼できるとは限りません。都合のいい文献をつなぎ合わせて、嘘も言えるからです。さらに文献の多くが数年程度で新たなデータによって否定されます。最新のデータを集め批判的に吟味できる人が書いた本が理想的です。1.がそれに当たります。
山田さんの書かれていることがこういった関連本の真実でしょうね。肩書きがあっても根拠のあることを書いているかどうかはわかりませんし、根拠も信頼度の低いエビデンスを解釈のしようによって変わるので言いたいことが言えてしまいます。また、誰かがこれでうまくいったという経験談も基本的には他の人に適応できるかはわかりません。というのが、科学的な視点でしょう。
関連書籍をたくさん読んでも正解な食事はわからず、今の流行りや食事健康本マーケティングに詳しくなるだけのような気がします。とはいえ、私は数冊しか読んだこともないので、100冊読んで傾向を掴もうとされたことは賞賛します。

参考文献の中では1番の津川先生の本が現状のエビデンスがまとまっているように思いますが、ご本人がおっしゃっているとおりそれが「正解」ではなくて参考とすべき「知識」だと思います。
(研修病院で直接指導していただいた後輩だから言っているわけでもありませんし、NPでフォローしていただいているから話しているわけでもありません。笑)

いまだに朝食抜きが良いのか悪いのか、直近では体重を落とすということをアウトカムにしたら朝食を食べる指導をしない方がよいかもしれないとか、よくわかっていません。
コレステロールなども生活習慣の影響も強く受けますが、遺伝子的な方もいます。(これはわかっていることですが、あまり知られていないことです。)

ということで、現状のエビデンスを確認したら、あとはそれを知った上で各自好きなように選択していただければ良いかと思います。食事が楽しくないとつまらないですしね。
昨日は色んな医療職で集まっていて、そういったのも始まるといいね、なんて話もありました。(病院の食事であったり、患者の食事であったりの改善の話。栄養ではなくて味と形態ですが。)
新着記事一覧
【MLB】田中将大への影響は? ヤンキースが年俸9.3億円オッタビーノ放出で“補強資金”捻出
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

ユベントスが若手選手をトレードへ。マルセイユから20歳のフランス人MF獲得間近
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

守田英正、決勝点&MOM獲得の鮮烈デビュー! 監督も大絶賛、サンタ・クララの救世主になるか?【分析コラム】
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

2戦連続先発の久保建英、スペイン紙は厳しい見立て「ほとんどの場面でうまくいかず。灰色の試合」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

「破産寸前のバルセロナ」総債務は衝撃の1478億円!? コロナ禍前と比べ収益も14%減少
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

【MLB】オリオールズ、経営難で年俸の持ち越し提案 米メディアは球団の身売りも予想
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

久保建英のパスカットにスペイン紙が注目「テクニックだけではないことを証明」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

アーセナルと契約解除のギリシャ代表DF、2023年までの契約でオリンピアコスに加入
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

オリ山本、尽きない探求心と向上心 新フォームでタイトル総ナメ「一番になりたい」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

アーセナル、エジルに続いて元ドイツ代表DFとも契約解除か? イタリア行きの可能性も
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks