新着Pick
249Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ハイラインズ(東京)の陳海波社長が、経営権を巡って激しく対立した父で創業者の大塚勝久氏(75)と和解するよう提案し、久美子氏が前向きに検討する意向を示していた」と書かれていた。
中国ではもっとも親孝行を重視する国で、このような提案は当然するだろう。
中国企業はもっと自分の文化に基づいて、海外での行動を取るべき。
お家騒動はあまりいいことではなく、さらに分裂して対抗するなんか、中国人から見れば、あるべきではない。和解を提案して初めて今後はいい提案ができる。
いいね!和解すると傷ついたブランドの回復にも繋がるし、何より喧嘩した親子が再び手を取り合って窮地からの復活というよはストーリーとしても大塚家具のお客さんに響きそう

業績不振が続く大塚家具の大塚久美子社長に対し、同社への資本支援をとりまとめたネット通販企業、ハイラインズの陳海波社長が、経営権を巡って激しく対立した父で創業者の大塚勝久氏と和解するよう提案し、久美子氏が前向きに検討する意向を示していたことが22日わかった。
1社で寡占していた市場を2社で争っていては共倒れになります。お父さまとの仲直り、大賛成です。
人生なんてあっという間に終わってしまうもの、何故親子で争う必要があるのか子供の頃は父と母に五体満足育てて貰えただけで充分感謝です。短い人生を争いの時間にしてはもったいないよ、お父さんと向き合って話し合ってほしいね。
ちなみに私は8年前に家具は大塚家具で買いました。
いい投資家みつけましたね
みなさん人ごとだからなんとでも言えますが、肉親の愛憎は他人にはわからないものですよ。訳あって袂を分かっているわけで、外野があーだのこーだの言っても詮無いことです。
うーむ、ここまで経営が行き詰まりを見せても、久美子社長は、色々な面で変わっていないのではないでしょうか?
今更、社長のままでお父様と和解されるでしょうか?
それが出来るなら、ここまでの筋書きも違っていたのではないでしょうか?
ハイラインズ側から提案があり、久美子社長が前向きに検討しているとのこと。和解した場合の展開は面白そうだ。
不思議な話だけど、和解することでブランドイメージ上がると思う。ブランドを売ってる会社だからこれは大事。双方が大人になれるか。
株式会社大塚家具(おおつかかぐ、Otsuka Kagu, Ltd.)は、東京都に本社をおく家具販売会社である。対外的なコーポーレートブランドネーム(商標)としては「IDC大塚家具」(アイディーシーおおつかかぐ)の名称を用いている。 ウィキペディア
時価総額
88.9 億円

業績