新着Pick
146Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の自動車産業への圧力は今に始まった話ではない。1980年代から日本の自動種会社は車両のみならず部品も含めての現地生産を進めてきた。
トヨタについても、Made in Japanにこだわりたいレクサスも一部は米国生産を行っています。
ただし、25%の輸入関税となれは、痛手は大きいですねえ。
輸入車関税を巡るスケジュールについてまとめみました。中国が終われば次は日本、EU、とりわけ日本が政治日程に上がってきそうです。まずは5.18に注目です。
https://mag-x.jp/2019/02/06/11309/
トヨタは国外生産300万台維持を強く思っています。
対米輸出について、アメリカの政府と議会の動きについての情報収集に努めているのはご存知の通りです。
一般的に考えれば、関税上げが日本に都合の良い方向に決着する確率は低いと見ておかざるを得ません。春闘真っ只中ですが、地産地消が各地で進む中、日本で雇用を維持し、研究開発を続け、モノづくりを維持するのがより難しい環境にあるのは間違いありません。
交渉事であり滅多なことは言えないが、米国政府と国内自動車産業の交渉が泥沼化する可能性は低いと考えている。日本自動車産業はこれまでも米国現地化を進めており、更に、今後も現地生産拡大にコミットしていくだろう。
発動内容が交渉の場合、さらに期限は90日伸びます。期限すらも交渉・脅しの材料であり、融通無碍に進む可能性がある点には注意が必要です。また、手っ取り早く成果を上げるのなら日本でしょうが、むしろ関係が悪いのはEUであり、自動車関税率についても、もっぱら米国内では対EUの文脈で語られているのが現実です。ことほど左様に、米国の事情を忖度していると振り回されるばかりですから、むしろ日本としては、首脳会談の日程等を軸にして、こちらからペースを作っていくくらいがちょうど良いのかもしれません。
斎藤さんがコメントされている側面は否定出来ないとは思います。
そして、素朴な疑問なのですが、アメリカ生産の車って、どこの国が輸入しているのでしょうか?
私、海外旅行は随分行きましたが、アメ車が人気なんだよ〜という国にはまだお目にかかったことがないのです。
ほう、注目