新着Pick
425Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「センスメイキング」の大切さに関連する体験談として、コンサル時代経験が今どういきているのか取り上げて頂きました。

我々は環境の影響で大きく成長する事も潰される事もありますが、自分より途方も無く賢いと思う人達に囲まれて切磋琢磨する環境を大学院とマッキンゼーで体験出来たのは、視野だけで無く、考え方や、仕事の仕方など今の大きな肥しになっています。
素敵ストーリーでめちゃくちゃ納得感ある。アメリカのMcKオフィスだったからっていうのも大きいかもですが。

いずれにせよ、多様な視点でアプローチすればするほど、影響範囲も広く抑えられるし、物事の本質にも迫りやすい。でも漫然とやっても相互理解は得られない。ここで書かれている共通のアプローチに加え、異文化の人たちの気持ちに寄り添えるか、で決まる。
理解はできないけど共感はできるし、なんとなくは方向性はつかめる、ということがあるかないか、これが大きいのだと思う。

そうやっていろんな視点や価値観にニュートラルに触れ、自分の中に疑似体験も含めて多様な視点での体験がたまると

“「センスメイキング」によると、物事を推論するときには先入観を持たずに事実を広く見て、ひらめいた仮説的な連想から考える「アブダクション」というアプローチが有効とのことです。未知の領域にチャレンジするときは、論理的思考よりも、自らのひらめきを信じたほうがいいのかもしれません。”

これこれ、これが出来るようになるのだと思う。一見全く違うことも必ず繋がっているものだ。それが離れている方がより広く深く掴めるといつも感じる。
自分のことしかわからないので、自分を例にするけれど、毎日吸収していることだけ考えても、オペラ、アートマネジメント、マーケティング、クロス・カルチャラル・コミュニケーション、キャリアデザイン、教育、最近はこれに健康…一見バラバラに見えるけれど私の中ではこれらは綺麗につながりこの点と点の間に細かな仮説や検証されたファクトが敷き詰められている。その感覚をいつも持っている。だから外にポンって新しく点が出てきても、慌てずにそこに向かってニューロンを伸ばして行けば良いだけのように感じている。時間がかかることはもちろんあるけれど。
"“波風を立たせない”人間を評価しない米国"

研究者時代は「嵐を呼ぶ男」と言われていましたが、次第に周りに迷惑をかけていると気付き、組織に属するのは辞めました。

エネルギーの研究で博士を取ろうとある研究室に相談に行ったら、あなたは理学部で博士課程に一度行ってるんだから、二つも博士に行くと不審がられるからやめておきなさいと断られました。(まあ、ただ追っ払いたかったからだったかも知れませんが)

京大理学部では、卒業研究科目を複数取ることができたので、数学と物理の二つの卒業単位を持っている奴がいました(元々学科の概念がなく、学位の種類は取得単位が多い科目で決まる為、卒業研究と学位の種類は必ずしも一致しない。例えば数学系は単位が取りにくいので、数学の卒業単位を持ちながら、出席で単位が稼ぎやすい生物学科の学位を持つ人がたまにいる)。


追記
私なんか役に立たないことばかり追求してきたクチですが、役に立ったことなど何一つないです。楽しいだけ。
役に立ってしまったら、それはもう役に立たないことではないし。目的が功利的になった瞬間に無意味化しますね。
ビジネスにもプリンシプル(哲学、思想)や理念が重要なんだと思います。
全ては繋がっているため、ある技術だけが尖っていても、全体最適とはならず、哲学や思想から成り、誰もが共感する目指すべき社会像がないと持続可能な仕組みとはならないんだと思います。

90'sの日本の農業・バイオ政策・技術は、圧倒的でとても素晴らしかったそうです。
日本の政策・技術をみたドイツ人は、日本の素晴らしさを称えたそうですが、彼らに「日本は素晴らしいが、自分たちには哲学と理念があるから、最後には自分たちが勝つ!」と言われたそうです。

まさにそうなってしまっていることが悲しいです。

>テクノロジーだけでは限界がある。前提となる問題設定を間違えてしまうと意味を失ってしまう。技術だけではなく、使う人に思いを馳せる力が必要である。
ロジックにとらわれるよりもセンスでアクションをつかむ。
直感を後で理論と実績で補完する。
内田和成さんも右脳思考で同様に述べられている。
まさにその通り。
多様性の確保ということもありそうですが、政治哲学の博士号取得者がGAFAなどに雇われてサービスの倫理的な側面について検討するという、実需に基づいた需要もあるようです。
哲学とコンピュータサイエンスは元々近いエリアですよね。文系的な世界観を理系的なスキルで実現する方法を学ぶことが、今的な勉強ということなのかなと思います。
200%アグリー。メルセデスは開発チームに哲学者、心理学者を採用してます。自動運転のコンセプトカーF015の責任者はアレキサンダー・マカンスキー氏、哲学&未来社会学者です
素敵。
ぱっと見て役に立つとわかりきっている物事の組み合わせから遠ざかりたい。誰でも役に立つと思える物事は、他の人に代替されてしまうので。

役に立つのかよくわからない物事を組み合わせていると、他の誰かや機械に代替されることのない、わかりにくけれど価値がある物事になっていくと思います。
日本のDXの数々の失敗もここに「違和感を覚えたのは、オークションのシステムを“外注”していたことにありました。ビジネスの心臓とも言えるシステムを外部に任せてもいいのだろうか…結果として私たちは競合に勝つことができませんでした…直感をもっと大事にしておけば…」
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。ドイツポストの経営権を握っている。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。 ウィキペディア
新着記事一覧
人間関係でぐったりした疲れた心を回復する3つの方法
ライフハッカー[日本版]
2Picks

「仮説とは何か」全12回まとめ
GLOBIS知見録 最新記事
3Picks

最適なチーム編成の法則、ヒット商品の背景にあったストーリーテリングを徹底分析「ウーマンズインサイトアジェンダ」
Agenda note
4Picks

「私たちは『最後の世代』になることを拒否します」。気候変動に終止符を打つため声を上げ始めた4人のZ世代が世界に語ったこと
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
3Picks

【Airbnb CEO】悪夢のような資金調達、クリックは3回まで
NewsPicks編集部
20Picks

経済学はいまだに男性中心の世界 新調査で明らかに
Forbes JAPAN
4Picks

職場の足の引っ張り合いに巻き込まれない方法
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
6Picks

「曺国辞任」も文在寅政権の支持率、好転の兆しなし 「反・曺国」だった韓国保守層が「反・文在寅」の旗印に集結
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

在宅勤務でいいワークライフバランスを作るための3つのヒント
Inc.
7Picks

"35歳からの妊活"働く女性が知っておくべきこと - 仕事との両立はどのくらい大変か
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
4Picks