新着Pick

「英語は小さい頃に始めた方がいい」という誤解

東洋経済オンライン
「5歳で1年間学べば英語がペラペラに!」「たった2カ月で英語がペラペラになれる」「小学校英語の準備は十分ですか」「お子さんをバイリンガルに育てる方法」――。子どもの英語学習に関しては、いろいろな宣伝を…
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>"英語学習の「臨界期」はあるのか"

脳科学者の池谷先生が以下の本で、言語を獲得するための神経の可塑性は年齢とともに急激に衰える…およそ8歳までだと述べられています。理由はまだよく分かっていないが、事実として受け止めなければならない、とも。
https://bookmeter.com/books/497892

米国史上最高の知性の国務長官とされたキッシンジャー氏の発音も御世辞にも良いとは…。(15歳時にナチスドイツから逃れてアメリカへ)
諸説入り乱れるテーマですが、英語早期教育の宣伝には「ペラペラ」ばかりが強調され、「英語を何に使うのか」という視点が往々にして欠けています。

日本語ネイティブの日本人でも人によって会話のレベルが異なるのを考えれば分かることで、問題は英語「を」しゃべることでなく英語「で」何をしゃべるか。
この「何を」の部分は、私は子どものうちに母語(=日本語)できっちりインプットする必要があるという考えです。(※人により意見は分かれると思いますが)
小さい頃に覚えた方が、発音も聞き取りも楽に身に付くのは事実だと思います。
けれども、英語はあくまでもツールであり、ペラペラであることだけでは、脳の他の部分の活性化には繋がりません。
そのペラペラで何を考えて話すのか?
中身がないと意味ないとも言えます。
あと、よくペラペラと宣伝していますが、発音や話し方がNativeみないなことを指しているから、誤解するんですよね。

それは日本語でも同じでしょう。
言葉が達者でも、話している中身がなければ、単なるお喋りな人ですよね?
ちょとそれますが、大学で教え始めてすぐ、course evaluationを気にして公平な指導・評価をしなくちゃ、と色々トライしてた頃、このコトバにすごく敏感だったのを思い出しましたよ でも、学生さんの "it's not fair!" は、"it's not fair TO ME!"である事が殆ど、と気づいてからは、それほど気にならなくなりましたねぇ

「It’s not fair!(それは不公平だよ!)」

で、ムスメ達も言い出してますねぇ。。。
英悟なんか不要。完璧な翻訳機ができる。
勉強すべきはそれぞれの母国語。