新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
T.Rikiさん、両方の見方があると思いますが、ワタシはコレ系を含む一点モノ発見・発明系の技術開発では、大方参入障壁は低くなっていく、と考えます、ロボットによる自動小規模多数実験が出来るようになった分野から 製薬を含む実験バイオ系も同様のトレンドかと 一方、一点モノの発見・発明を量産用にスケールアップしたり、品質バラツキ改善していくような調整系の技術は、従来の技術の延長上でのAI適用が続くため、一定レベルでの参入障壁は維持される、と思いますねぇ

(あ、記事読んでません)
従来の高分子系のMIでなく、来年から無機系の機能性材料や構造材料への少しスケールアップしたMIへと切り込んでいく予定です。
これも「シンギュラリティ」か.研究・開発が解放される.そして,アウトプットに繋がる.たとえば,
https://newspicks.com/news/3676254
方法論,製造業の行く末は?
トライアンドエラーがモデル化できれば、良さそうですけどね。

ソレが一番難しい。

(記事は読んでません)