新着Pick
245Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
佐藤琢磨さんは頭の回転が猛烈に速く、話についていくのに大変でした(苦笑)。おそらくレース中も高速回転で考えているからそうなるのだろうなと。モータースポーツは人と組織とマシンが密に融合され、かなりハイレベルのスポーツとして行われていることにワクワクした。この視点を持ってレースを改めて見てみます。
赤井邦彦さんの『鈴木亜久里の挫折―F1チーム破綻の真実 (文春文庫)』は、鈴木亜久里さんがプライベートオーナーとしてF1に参戦したSUPER AGURIチームの運営について、かなり詳細に書かれている書籍ですが、当時佐藤琢磨さんは新進気鋭のF1ドライバーとして、思い通りにならないマシンとチーム体制に試行錯誤しながらも、なんとかシーズンを戦い抜いた様子が描かれていました。
もはやランチェスター戦略など通用しないくらいに残酷なまでにチーム力が離れている中で、超弱小チームとしてレース戦略を立てなければならなかったスーパーアグリでの経験が、この記事にもあるような冷静で緻密な分析の一助になっているのではないのでしょうか。

実は『鈴木亜久里の挫折』を読むと、全般を通して出てくるのが、資金繰りに悪戦苦闘している鈴木亜久里の姿です。チームオーナーとして、スタッフやファン、メディアの前では平然とした姿を見せようとしていましたが、実際は綱渡りの繰り返しだったようです。これを読むと、佐藤琢磨さんも述べているF1の夢と現実を窺い知れます。

https://www.amazon.co.jp/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E4%BA%9C%E4%B9%85%E9%87%8C%E3%81%AE%E6%8C%AB%E6%8A%98%E2%80%95F1%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E7%A0%B4%E7%B6%BB%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%B5%A4%E4%BA%95-%E9%82%A6%E5%BD%A6/dp/4167753111
非常に面白いですね。
プロドライバーと一般の人との違いは、セッティング能力とクルマに対する適応性かと思ってます。
この適応性は簡単には真似できない。

そんなトッププロドライバーでも、感覚や挙動の線形性が重要と言うお話に共感します。

運転の上手くない(適応能力の低い)普通のドライバーが運転するクルマにも関わらず、感覚や挙動線形性を無視したかの様なクルマがどれだけ多いことか。。

『そのためにはデータ分析が必要ですが、結局、数字には表れない人間の感覚がすごく重要になります。感覚を重視しなければならないのは、最終的に操るのは人間だからです。感じることができなければ、的確な操作はできません。』
めちゃくちゃ面白い!!
僕の大学受験のとき(2004-2005年)に、バトンと佐藤琢磨が、 B・A・Rでドライバーをしていたころ、夜中に父親と一緒にレースを見たものです。上京して一人暮らしを始めて、テレビを見なくなって、ニュースか何かで佐藤琢磨さんのインディ転向を聞いた時は、実は、都落ちしたのか、という印象を抱いていた。でも、この記事から、レーサーとしての面白さは、むしろインディが上であるということが伝わってきて嬉しくなりました。
地上波で日曜日の夜にフジテレビでF1をやっていた時は毎週のように楽しみに観戦していたのですが、地上波中継がなくなって以来、モータースポーツを全くと言っていいほど見なくなってしまいました。。。。

Youtubeで佐藤琢磨のインディ優勝の最後の10週くらいを見た時は、ほんと感動しましたよね。

途中言及されている、F1 vs インディがとても興味深かったです。

"「コンマ1秒速くするのに10億も20億も使っても、観客には伝わらないんだ」というのがアメリカの見方なんですね。究極のエンターテインメントとしては、「最後まで争ってくれなきゃ困る。ファイナルラップの最終コーナーで勝敗が分かることに人々は熱狂するんだ」ということです"
WRCやF1などが地上波やBSなどの無料放送からどんどんなくなってきたことがとても淋しい。スポンサーが現れることを切に望みます。そのうちに日本グランプリもなくなってしまうのでしょうね。
車の免許を持っていないのにF1やモータースポーツが好きという人間なのですが、振り返ってみると好きになった原点は、皇帝シューマッハを破った2005年のアロンソであり、佐藤選手がスーパーアグリにいた2007年のスペイングランプリ。まさにドライバーだけでない、チーム、協会、レギュレーションに天気にとすべてが絡み合った総力戦でした。この記事で語られているように、もっとこの面白さが伝わると、、、!
データを可視化する取り組みがスポーツ界でもどんどん拡大していますが、モータースポーツこそ、その恩恵を大きく受けそうな競技の一つではないかと感じました。
F1好きで、マニュアルで運転免許証とりました。
まさかNPでF1の記事を読めるとは....感無量