新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は、AIや先端通信技術で世界をリードしています。日本企業の多くは、中国の技術や市場に魅力を感じ、中国への進出を考えているでしょう。
しかし、米国が、中国のAI技術や通信技術に警戒感を示す現在、経済的利益だけを考えて、AI技術や通信技術に関して中国との連携を強めるのはリスクを伴うかも知れません。
米国は、輸出管理や投資規制に関して、特定の中国企業だけでなく、それら企業と取引のある企業にまで規制がかかる国防権限法を成立させています。
中国が今後のAI・IT・通信分野において支配的影響力を持つことに対する、米国の危機感は相当に高まっています。今後、米国は、中国のAI、IT、通信に関する影響力が国際社会に拡大することを止めるために、規制を強める可能性もあるのです。
極端な状態になれば、民間企業の経済活動も、米中新冷戦構造の中で、米中のいずれを選択するのか迫られる可能性もあります。
ああ、Tsinghua U のアノ先生とアノ先生、Shanghai Jiao Tong U のアノ先生も絡むんでしょうねぇ メリケンTRIの3拠点の今後も含めて、注目ですねぇ メリケンとの中国との関係がイマイチな今だからこそ、という見方もあります(大統領選も近いですし)
単純に、人材も市場も大きいから、技術流出とかの問題を除けば、技術開発には持ってこいの場所ですよね。

ただ多国間との協業(この場合、TRIとTRI-AD)を前提にすると少し難しい文化の違いが出てきそうな気がします。開発カルチャーは全然違うので、日本のような「すり合わせ」文化はあまり通用しない印象。あくまで個人的に。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
24.1 兆円

業績