【The UPDATE】リニューアル初回は「AbemaTVの未来」

2019/2/16
『The UPDATE』が2月12日から大幅リニューアル。「AbemaTVの未来」をテーマに、作家・元東京都知事の猪瀬直樹さん、映像専門家の氏家夏彦さん、コンテンツプロデューサーの高瀬敦也さん、シェアガールの石山アンジュさん、若手起業家の久保ひかりさんをゲストにお迎えして、赤字が続くAbemaTVのビジネスモデルについて、多面的に議論しました。
画像タップで番組本編が視聴できます(Twitterに遷移します)
火曜夜の“経済プロレス”開幕
NewsPicksでコメント欄が盛り上がったニュースを1つ選び、複数のゲストと観客、そしてTwitterの意見を交えて、多面的に議論する。
そんな思想をもとに再始動した「The UPDATE」は、リニューアル初回のテーマに「AbemaTVの未来」を選んだ。
番組で繰り広げられた議論の一部を紹介する。
アベマに大義はあるか
猪瀬 「何のためにこれやっているの?」という大義がない。新しいものが何のためにあるのか?ということ、つまり大義で説明できないといけない。
ビジネスとしては、地上波の限界を超えて、若い人にウケるというのは良いが、方向性がないとつまらないものになる。
氏家 地上波と張り合うのは無意味。同じ土俵で勝負する必要はない。放送法で縛られたテレビではできないことをする。さらにアベマにはインタラクティブ性がある。
作品によっては100万コメントとか、これはテレビにはできない。そこからオンデマンドへの導線も引ける。アベマにしかできないことを重視すべき。
猪瀬直樹(いのせ・なおき:左)、氏家夏彦氏(うじいえ・なつひこ:右)
メディアは雰囲気産業
高瀬 アベマと一緒に仕事したいと思う人が、どれだけいるかということ。やはり制作単価は高い方が人は集まりやすい。
メディアって、ちょっと雰囲気産業っていうのがある。イケてるかどうか。アベマTVも開局時は、アベマと関わっているとかっこいい、楽しいという雰囲気があった。
久保 アベマTVに出たいと思っている人は、私の周りには少ないですね。
アベマのオオカミくんシリーズとか『今日、好きになりました。』の出演者と一緒に仕事しているけれど、「ギャラが高いアベマの番組に出るか、出演料ゼロのフジテレビの深夜の番組にでたいか」と聞くと、フジテレビの方に出たいと言うんですよ。
高瀬敦也(たかせ・あつや:左)、久保ひかり(くぼ・ひかり:右)
石山 私の自宅にはテレビがありません。アベマは好きなんですけど、お金は払っていない。テレビの延長線上にアベマがあるから課金する気になれない。有料課金するのはハードルが高いと思うんです。
石山アンジュ(いしやま・あんじゅ)
キラーコンテンツって何ですか?
石山 キラーコンテンツとは、その企業、ブランドの思想が反映されたコンテンツだと思う。
例えば、LGBTというテーマもネットフリックスはお洒落に描いていて、かつ思想がある。アベマがLGBTを扱うとそうはならない。キラーコンテンツも大義があるかないか。
古坂 僕はWOWOWが大好きで、特にUFCという総合格闘技が大好きなんです。めちゃくちゃマニアックな解説は、ニッチなところを攻めているけど、格闘技ブームも相まって、結果としてファンは急増した。
キラーコンテンツとは、シンプルに言えば「すごく面白いもの」。だからこそ、すごく難しい。一部のファンの熱狂が、ある瞬間、爆発的に多人数に広がるコンテンツはなかなか出てこない。
番組に寄せられたTwitterの意見は、プロアナ奥井奈々が紹介。
マスとニッチのジレンマ
高瀬 マスとニッチの話だと思うんです。ニッチだと大義をもちやすいし、ブレにくい。マス化する時って、どうしても角を削って丸めて、嫌われることを防ぐ。
すなわち、マス化は結果として大義を失いがちになる。アベマTVとしては、本当にこのままマスを目指すのか、それともニッチを攻めるのか難しい状況ではないか。
氏家 アベマはマスを狙わないほうがいい。広告で稼ぎたいというのはわかるが、尖ったクリエイターが作りたい番組を作るという行為と、プラットフォームとしてマス化を目指すというのは二律背反になる。
古坂大魔王が選ぶ、最高の発言
リニューアル初回から、番組を延長する盛り上がりを見せた経済プロレス。
番組の最後は、この日の議論の中で、番組MCの古坂大魔王が最も印象に残った発言「King of Comment」を選ぶ。果たして、誰のどの発言が選ばれたのか。
番組の模様は、「The UPDATE」公式Twitterからご覧いただけます。
次回のテーマは「キャッシュレス」
国内で乱立するモバイル決済サービス。キャッシュレス戦国時代を生き抜くのは、一体どのサービスか。
次回も複数のゲストと観客、Twitterを巻き込んで徹底的に議論します。
キャスティング情報は、番組公式Twitterアカウント(@TheUPDATE_NP )で随時、お知らせします。
タップで観覧申し込みページに遷移します(アカデミア会員限定)
<執筆:木嵜綾奈・安岡大輔、デザイン:斉藤我空>