新着Pick
924Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界15万足限定で発売されたアディダスのランニングシューズが、“瞬間蒸発”しました。即完の秘密は、これまで決して作れなかったような網目のソールであり、3Dプリンターで量産された代物です。「試作品」ではなく「製品」の量産を実現した鍵は、素材専門家の誰もがアッと驚く発想で開発に漕ぎ着けた先端材料でした。3Dプリンターの進化が、素材開発のドライバーになっている好例です。

これを作った人物こそ、ジョゼフ・デシモーネ博士。3Dプリンター業界を席巻する米ユニコーン、カーボン社のCEOにして化学者です。第四回で登場した「魔術師」、東大の相田教授の知人でもあります。
https://newspicks.com/news/3676483

そのひらめきは、映画『ターミネーター2』がきっかけだそう。ソール部分などいろいろと触ってみましたが、ぷにぷにしていて面白い。金型では到底不可能な形状ばかりです。かくして「液体から連続して製造する」という材料技術を実現してしまった、デシモーネ博士の独占インタビューをお届けします。
デシモーネ博士の独占インタビュー。やばい。私の専門ど真ん中なのでコメントしなくちゃ。

まず、Carbonの得意とする高速造形。レーザー光源で点の走査で造形する方式から、プロジェクタで面で造形する方式へ、一気に主戦場は変わりつつあります。この半年のトレンドでは、1cmの厚みを積層するのに1minというのが目安になりつつあります。もう高速造形はCarbonだけの技術ではありません。

残存酸素を使ってプールの底にくっ付かないようにするというCLIP技術の特許が強力という話がありますが、そういう技術を使わなくてもくっつかないようにできるよね、という話も出てきています。むしろ溶存酸素があるとその濃度で造形の出来が左右されるので、痛し痒しの技術だね、という見方もあります。

件のシューズも是非購入してみてください。ずっしり重いです。このビジネス自体が瞬間蒸発しちゃった可能性もあったりして。(笑)

サブスクリプションのビジネスモデルは、先行するStratasysも3DSystemsも、国内メーカーのキーエンスでも、BtoBの場合は普通です。

ちなみにキーエンスのAGILISTAは試作用で、実製品には使えません。先日のナノテク展ではキーエンスのおねーさんからそのあたりを訊こうと思ったら「ウチは実製品に使おうというような認識の方々を対象にしていません(キリッ)」と断言されて、言い返せませんでした。(良いのかそれで!)

ここでの私のコメントとしては、Carbonもすごく大きく仕掛けてきているように見えますが、結構ハッタリ的な部分も多いから、話半分で良いかなと。つまり3Dプリンターはまだまだ戦国時代なんです。

高分子化学は日本のお家芸ですし、工作機械も日本のお家芸です。だけど縦割りガーという話なんてどうでもよくて、3Dプリンターのビジネスモデルは、データベースやAI活用を含めても最初から一気通貫のバリューチェーンを考えないと、BtoCの部分まで含めた事業性の壁を越えられないのです。BtoBのサブスクリプションで稼げてるから大丈夫って、エコシステム的に破綻してるでしょ。ハッタリ半分なんですよ。

まだまだ、関係者は模索中。これからも3Dプリンター界隈はどんどん変わっていきますから、ご期待ください!
Carbonという会社が持つ3D技術、これは一見にしかず、VTRを見ていただけたらどういうことかがすぐに分かってもらえると思います。
確かに映画「ターミネーター2」のT1000だよね、と。

話はちょっとずれますが、adidas(本拠地:独・ヘルツォーゲンアウラハ)はドイツのSiemens(シーメンス)と組んで、工場同士の情報を管理して、生産性をあげる「デジタルファクトリー」を推進しています。Carbonとの協業もその一環であるとのことです。量産に耐えうる3D技術にかける企業がこれから出てくる、という早い段階で大手adidasが積極的にこういった技術を利用するのは、インダストリー4.0を推進するドイツらしいと感じました。
トリを飾るに相応しい記事でした。素材、それもソフトマターならではの工夫に満ちていますね。
3Dプリンターから出たてのものはフィラメントを重ねたシワシワの成形品が多く、見かけもさることながらこんなに大量に界面があって強度は大丈夫なのかと思ってましたが...
今はこういう方式の3Dプリンターもあるのですね。液体中から複雑な形状の成形品がデデンデンデデン※と出てくる様はまさに未来的です。
★デデンデンデデンとは
https://dic.nicovideo.jp/t/a/デデンデンデデン
空想したことを本当に実現できてしまうのが素材分野の面白いところ。

ところでこの樹脂、紫外線と熱で硬化するということはアクリルゴムベースなんですかね。それなら硬化を阻害する方法については古川先生がご指摘の通り、酸素を使う方法だと色々不具合がありそうですので、これから改良方式が出てきうるのかなと僕も思います。もっと、樹脂本体に混ざりにくい物性のもので、紫外線に反応しにくくて、硬化した樹脂とくっつかないもの。...と喋りながらすでに何個か浮かんだ位なので、たぶん先方はとっくに試してるでしょう。

デザイナーがモデリングして、そのままCtrl+P、エンターキーをスターンと叩けば、たちまちにゅるんと「印刷物」が出てきて、うーんちょっとイメージとちがうなー、みたいな感じで気楽に使えるくらい普及してくると、さらにユニークな製品が出てくるでしょう。
機械技術のみでなく素材のブレークスルーで技術が進歩していくのを目の当たりにすると我々素材屋としても勇気付けられます。
酸素をうまく取り組むことで、短時間で3Dプリントできるようにした、カーボン社の3D printer のお話です。

彼らはポリマー(材料)と、3D構造のデータベースがあるので、そこの組み合わせで様々なアプリケーションに合わせた製品を作ることができるらしい。

3D printer 業界の進歩はかなりめまぐるしく、最近はリバモア研からホログラフィーを使った3D printerの論文も発表されました。
http://advances.sciencemag.org/content/3/12/eaao5496

今までの3D printer のアプリケーションは、靴のソールや車の部品といったものを支える構造材料のみでしたが、これからエネルギーの貯蓄(=電池)や変換(=触媒、太陽電池)といった機能材料にも応用されていくはずなので、そこにも注目です。
Carbonだ!Adidasのソールが格子状になっているものは衝撃だったが、それを作っているメーカー。3Dプリンタは、ハードだけでなく素材も重要で、コピー機のように素材で儲けるパターンが多いと思う。どこまでをもってサブスクというのは難しいライン(記事を読む限り、Carbonはハードの所有権は顧客に渡していないように思う。他社はハード販売自体をして、コピーチャージのような形が多いという認識で、それをサブスクというならサブスク)。そして、この薄い酸素の層というのをどうやって作っているのかが気になる…
3Dプリンタは、試作だけでなく量産用途への拡大が今後のキー。なので生産速度が重要で、CarbonだけでなくHP(樹脂は投入済み、金属は2020年)やDesktop Metal(金属)といった企業が速度をウリに拡大しようとしている新興プレイヤー。
まあ、靴はともかく、メタル3Dプリント品が量産ベース乗るようにならないとですねぇ 記事にあるベネフィットを全て考慮したとしても、まだまだ価格、サイクルタイム、寸法精度、強度品質、調達リスク、の全てが課題です
素材のサブスクリプションモデル。、どんな仕組みかと思っていたら、3Dプリンターというハードウェアとそれを動かすソフトウェアのサブスクリプションだった。これには驚き。

ソフトは6〜8週間に一度アップグレードしてくれる。遠隔地からリモートメンテナンスも可能。

さらに素材と3Dプリンターのセットで、3年、5年、7年単位で契約。素材は「樹脂アップストア」のようなデジタルストアから、オンデマンドで追加購入できる。

すべてがユニーク。伝統的なプロセスをデジタル化することでスピード生産を可能にしました。「絶対に今より良い方法があるに違いない」ということを、考え続けてしまう」という探究心がCARBONのDNA。
これは非常に面白い。
ここ数年でハードなモノづくりの世界のイノベーションが本当に増えてきているのを感じます。
非常に面白い内容でした。全く知らない人から見れば、びっくりの内容の連続でしたが、専門家の古川英光さんのコメントをみると、このCarbonの立ち位置が客観的に分かりました。いずれにしても、試作段階だけのものだった3Dプリンターが、量産にも使えるとなるとものづくりの現場では、かなりありがたいです。
この連載について
石の武器、鉄の鍬、紙や磁石などの記録媒体ーー。時代が求める優れた新素材の誕生は、文明を次のステージへ飛躍させてきた。そして今、自然界に類を見ない人工材料を開発する最先端では、いかなる新素材が生まれようとしているのか。未来を読み解くヒントとなる、新素材の世界へ誘おう。

業績