新着Pick
636Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついにFUJIFILMがオリジナル記事に。書きたいことがありすぎて文字数が足りません。わたくし銀塩写真を未だに撮ってまして、FUJIFILMのリバーサルフィルム「PROVIA」「VELVIA」のユーザーです。同社には愛着がとてもあります。

フィルムという主要事業が低迷しつつある恐怖に打ち勝ち、技術を棚卸しして鮮やかに業態転換してみせた手腕は実にお見事。要素技術を見直すだけならどこでもできますが、それを組み合わせて新事業を提案できる人がいたこと、さらにその新しい仕事を情熱を持って推進できる人がいたこと、なども素晴らしいと思います。

何年も前ですが、学会でFUJIの研究者から話を聞いたことがあります。曰く、FUJIFILMの取り組みは「倒木更新」であると。
倒木更新とは、倒れた古木を礎にして、新たな世代の木が育つ現象のことです。同社の足跡を見てみるとまさにその通り。
今後、バイオの世界でも、驚くような製品を出してくれることを期待しています。

(余談)
CMYの三層の感光層の写真が出てるので面白い話をひとつ。
これ、ベースとなるフィルムの上にCMYが順番に塗布されているのですが、Cを塗って乾かして次にYを塗って乾かして...なんてことはしていません。3層を液体のまま同時に塗布しています。そんなことしたら液体同士が混ざるのではと思われるかもしれませんが、流速と粘度を完璧にコントロールすると液体のまま3層を重ねる一発塗りが可能になるのです。(しかも実際は、機能層を含む20層もの同時多層塗り)さらに、当然ですが光が当たると感光してしまいますので、塗布作業は暗闇で行われます。(感光しない赤ライトを少し使うので、完全な暗闇ではないらしいですが)目隠ししてこの精密塗布、恐るべき技術です。
★こちらにCGによる説明があります。ページ真ん中くらい。
https://fujifilm.jp/business/cdmo/factory/magazine/03/

(余談Ⅱ)
Newspicksの中の人はご存知だと思いますが、トライセブン六本木ビルのお隣、東京ミッドタウン内にFUJIFILM SQUARE があります。写真そのものの歴史、FUJIのカメラ技術の変遷、最新のカメラにアスタリフト化粧品まで、色々展示されていて勉強になります。是非一度覗いてみてください。
たまに僕もいますよ。
やわらかくて、しなやかで、かつ丈夫。繊維のようなカタチでも活かせるし、他の材料と組み合わせて、頑丈な硬いものにもなったり、ゼリー状にもできる。

それほど変幻自在な材料であり、かつ生体にもなじみやすい。それがコラーゲンという素材です。

本日は、そんな「コラーゲン技術」というNewsPicks独自の切り口で、創業約80年となる富士フイルムの華麗なる業態転換、すなわち「写真フィルム」→「化粧品・再生医療」への一大シフト成功の秘密を読み解きます。
富士フィルムが、エイジング化粧品を立ち上げて高い評価を得ていることは、世の女性も知るところかと思いますが、なんでそんなにいい化粧品が作れるの?ということを正確に知る機会があまりなかった気がします。

「コラーゲンとは富士フィルムのDNA」
それほどまでに、深い歴史がある、フィルムとコラーゲン。
長年苦労されてきたことで蓄積されてきた知見は、事業を超えて通用するのですね。本当に高い技術があって、正しく経営判断でき、組織をマネジメントできれば、企業は死なない。そのようなことを感じた取材でした。
女性だったら知ってる方も多い富士フイルムのスキンケアブランド、アスタリフト。なぜ富士フイルムが、という疑問を抱いていた方も多いと思います。

この記事で納得。とてもわかりやすいので、へぇー!っとなりました。


富士フイルムが写真を追求してきたなかで培ってきた先進技術が異業種で応用されている例と、コラーゲンという素材の力に注目です
コラーゲンと、連載の初期で登場した佐藤健太郎さんの組み合わせと言えば、下記のツイートが秀逸なのでご紹介したいです。
「「コラーゲンを食べても肌がきれいになるわけではない」というのをどう説明するか。俺だったらつい「タンパク質はいったん分解されて吸収されるから云々」と言ってしまうのだが、某氏曰く「じゃハゲたおっさんが髪の毛食ったら髪が生えてくるか?」この説得力には負けた。」

https://twitter.com/KentaroSato/status/161487569417281536

ま、それはさておき。
8年くらい前、富士フイルムの方が研究開発戦略に関する講演の中で、アンゾフのマトリクスを、2×2じゃなくて3×3で使っている、という話をされていました。
既存と新規の間に、隣接、を考えているのだそうです。うわー、なるほど、と感じました。
「今あるものを使って新しいものを考えろ!」ではなくて、「今あるものの隣には何がある?」という問いの立て方をされているんだなあ、と。それって、適度に思考が刺激されそうで、いいな、と。
この辺も、フイルムの技術をヘルスケアに展開できた秘密なのかなと考えています。
富士フイルムの変革を牽引した戸田雄三さんにお話をうかがったことがあります。
基礎技術を持っていたとはいえ、主力事業を入れ替える決断と実行が簡単に進むはずがありません。

富士フイルムのヘルスケア事業の話題に触れるたびに、戸田さんをはじめとする、改革実行者のみなさんが成し遂げたことの大きさを感じるのでした。
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO20507790Z20C17A8000000
フィルムにコラーゲンが使われていたとは知りませんでした。しかも主成分でフィルム成分の半分を占めている。写真を美しくするのはコラーゲンだった。

なぜ富士フィルムが化粧品か、不思議だったけれど、これでクリアになりました。

富士フィルムの社員に安全で品質の高いものを世に出していくというDNAが染み付いている「わけ」も納得です。そういう背景があったとは。大切な思い出を豊かに記録するという使命。

このカルチャーもまた、肌に直接触れる化粧品づくりに生きている。
写真フィルムの過去20年での減少は富士フイルムもほかのフィルムメーカーも大きく変えた。一方で、そこには記事からも伺えるようにものすごく大量の化学や量産方法のノウハウがあった。
コラーゲンは人間や動物の体にも含まれているが、記事にもある再生医療や化粧品(アスタリフト)に応用。また10年前に富山化学という製薬会社を買収しているが、コラーゲンもタンパク質の一種で、そこの知見を幅広く富士フイルムがもっていることも活用していこうという買収だった。
併せて、写真フィルムの需要は莫大だった。その莫大な需要を満たすために量産し、かつせっかく撮った写真がダメだったという悲劇を防ぐための品質担保も、記事にあるように極めて重要だった。井上さんが書かれている感光層の同時塗りや、乾燥工程、あとはフィルム延伸技術。フィルムはなくなったが、これらの技術はTACフィルムという液晶のキーのフィルム材料で用いられていて、世界トップシェア。
フィルム時代の終焉を、そのフィルムで培った技術でもって、うまく変身を遂げた企業の筆頭かと思います。
技術革新のスピードが年々増す現代において、一つのカテゴリで「100年」続く企業などあり得ません。

でも、同時にデジタル時代を見据えて写真事業を継続している富士フイルムの姿勢は素晴らしいものがあります。
大変勉強になりました。
ライフサイエンス分野への進出は、その求められる品質管理や安全性の高さから容易に決断できるものではないですが、もともと、写真フィルムの品質管理にはライフサイエンスに通じるくらいの高い水準が求められていたのですね。天然成分由来のコラーゲンから、安定した品質の製品を作る技術…俄には想像がつきません。
この連載について
石の武器、鉄の鍬、紙や磁石などの記録媒体ーー。時代が求める優れた新素材の誕生は、文明を次のステージへ飛躍させてきた。そして今、自然界に類を見ない人工材料を開発する最先端では、いかなる新素材が生まれようとしているのか。未来を読み解くヒントとなる、新素材の世界へ誘おう。