新着Pick
825Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2017年末の「チャイナ・ショック」は衝撃でした。「廃プラスチック」を爆食いし、日本もすっかり頼りにしてきたていた中国が、その一部停止に踏み切ったからです。

本日はTBMの挑戦に加え、現代最大の発明とも言える「プラスチック器時代」150年史を振り返ります。

そして、日本からうまれる大量のプラスチックごみはどこへ向かうのか。「プラスチック器時代」に生きる我々自身が、再考するときが来ています。
海洋ゴミの問題は、本当に悩ましい。一昔前の公害問題であれば、「その製品つくるのやめます」という解決方法をとることができたのですが、海洋ゴミの問題は、それだけでは解決できない。社会全体で解決する必要がある問題です。
個人的には、人が活動する以上、ゴミが意図しない形で流れていく、というのは避けられないんじゃないかと考えています。ごみ処理をちゃんとやろう、では解決しきれない問題がある。
化学屋素材の力で解決したいところではありますが、どちらかというと、海洋に流出したゴミのうまい回収方法が見いだせないかな、と期待しちゃうところ。

オランダのスタートアップの海洋ゴミ回収ベンチャーである、ocean cleanupには注目しています。
https://www.theoceancleanup.com/
先日、First trialが終わったみたいですが、改良の必要性がわかったようで、今後が気になります。諦めないでほしい!
あとは、ゴミ拾いベンチャーのピリカさんは、地に足の着いた地道な調査活動を続けられていて、大ファンです。色々な河川からゴミを集めてきて、どんなゴミがどれくらいの量流れているか、を調査されています。こういう調査なしには、効率的なアクションを決められないはずなので、ありがたい限り。
https://corp.pirika.org/

ところで、父ちゃんの好みの影響なのか、なぜかうちの子たちの間で、素材あてクイズが流行しています。コップを指して「これはガラス?」「そうだね」「これは?」「それはステンレスかな・・・」「それはプラスチックだね」。
と、いうわけで、プラスチックってなんだ?というのを未就学児にも説明する必要に、日々迫られているわけですが、これがなかなか難しい。
熱をかけるとぐにゃっとなる、熱可塑性樹脂のことをプラスチックと呼ぶのだと思いますが、たとえばフリースに使われているのはPET繊維。広い意味ではPETボトルと一緒。
そもそもの用語の定義の問題でもあるんですが、いろいろな場所で、いろいろな形で使われているんですよね。
排気設備さえしっかりしている場所を確保できれば、いろいろ火にかけて、グニャッとなるかどうか、子どもたちと実験したいと考え中。
プラスチックは化学的に安定で強度がそこそこあるという長所もさることながら、その名の通り可塑性があるため射出成型に押し出し、圧延など様々な機械加工が可能で、この特長によって従来の天然素材では考えられないレベルの量産が可能になり、価格が極めて安価に抑えられるので広く受け入れられてきた歴史があります。たったの150年の間にプラスチックがこれほど広まったのはそのような経済性に起因するところが大きいと考えます。

いま、プラ代替素材の探索が進む中、機能面や生分解性での議論が先行していますが、現在の各種プラ製品と同程度の量産性を達成できない限り、当面はあらゆる製品に無視できないレベルのコストアップが生じます。服も、シャンプーなどの日用品も、化粧品も、電子機器も、全てです。販売者がこれを吸収するのか、価格に転嫁するのかにもよりますが、必ず誰かが負担することになります。今と同じ利便性を維持したいなら避けられない議論です。

また、生分解性にしとけば今まで通り捨て放題で海にうっかり流れまくっても大丈夫なのかというとそれも違うと思いますし、環境を考えるなら「使い捨てをやめる」など、これまで享受してきた利便性を手放すことが第一になるでしょう。
これを受け入れる覚悟ができたら、そこが歴史の転換点になり得る思います。
“ごみ”を“エタノール”に変換する世界初の革新的生産技術
カネカの技術もすごいですが、積水化学の技術も素晴らしいです。
まさに「都市油田」ですね。

https://www.sekisui.co.jp/news/2017/1314802_29186.html
https://diamond.jp/articles/-/164438
膨大な用途のあるプラスチック製品を鉄器みたくプラスチック器としている意図がいまいち掴めず少しもやもやですが,今後そのプラスチック器時代と呼ぶに相応しい歴史となり,負の遺産を残すことになってしまうのは残念ながら間違いなさそうです。

現在,積極的に開発されている複合材料(炭素繊維やセラミックス繊維,ガラス繊維など)も懸念されていることですが,どのようにリサイクル性まで考慮した開発に踏み込むのか,いかに無害化を目指した設計・開発を行っていくのかといったことが求められていきそうです。
新素材が歴史を変えるということはしばしば起こりますが、20世紀の歴史はプラスチックによって大きく変えられたといえるでしょう。明治から昭和の初めまで、日本経済を支えていた主力輸出商品は、絹と木綿の繊維商品でした。しかし、ナイロンなど合成繊維の登場によって、1930年には最大の市場であった米国による絹や木綿の買い入れが激減しました。日本経済はこれで一気に追い込まれることになりました。石油化学産業の急発展は、中東の政治や紛争にも大いに影響をおよぼしました。たとえば、1979年のイラン革命にも関係のないことではありません。
 プラスチックがこれだけ普及したのは、大量生産が可能で、なおかつ大量の需要があったからです。プラスチックゴミは確かに大変な問題で、中国が廃棄物を受け入れなくなった今、別の受け入れ先であるタイやマレーシアといった東南アジア諸国では、すでに相当大きな問題になっています。環境問題や観光産業への影響もいずれ考えられるでしょう。
 だからといって、今さら絹や木綿、紙に戻るわけにもいきません。これらの素材はプラスチックほどの大量生産はできません。これまではプラスチックのリサイクルが本命でしたが、そこまでの割合ではなかなかできないことがはっきりしてきました。全く新しい素材が出てくれば別ですが、生分解性プラスチックの低コスト化というような、プラスチックを使い続けながら、問題が出ないようにする方向での技術革新が、当面の本命でしょう。
「『セルロイド』がその嚆矢であり、そもそもは象牙製だったビリヤード球の代替材料として実用化されたといわれる」

プラスチックについて、知らないことばかりでした。

「1950年以降、全世界では実に83億トンものプラスチックが生産された。シロナガスクジラに換算すると約6000万頭分だ」

広さを表す「東京ドーム◯◯個分」に対抗する、新しい基準も登場しました笑。

ただ、そのシロナガスクジラ約6000万頭分のうち、リサイクルされているのはで8%足らずで、大半は埋立・廃棄されている。
マイクロプラスチック(5mm以下の砕片)やマイクロビーズとなって、海を漂い、海の生物を経由して人の体内にも入ると聞けば、笑えません。

代替素材の研究開発が進んでいるという話が、この記事における「救い」です。
整形の容易さ、軽さ、低価格など、利点の多いプラスチックですが、置き換えが可能ならば、消費者としてもメーカーとしても、もちろん置き換えたい。
この市場性はとてつもなく大きい、ですね。
プラスチックの生産量は増加しているのだが、特に過去30年ほどで3倍になっているのが印象的。

あとセルロイドとかベークライトとか…素材好きにはワクワクする名前!富士フイルムはダイセル(旧大日本セルロイド)という会社からスピンアウトしてできた会社で、写真や映画のフィルムが昔は硝酸セルロイド製だった。ただセルロイドは発火しやすく、時代とともに変わっていった。
その発火しやすい性質を逆手に生かしたのが自動車のエアバッグ(ダイセルは世界大手の一社)。エアバッグ自体にはセルロースは使われていないと思うが、硝酸セルロースも火薬の一種で、その制御技術などを活用している形。こうやって素材自体や用途が進化してきた歴史。
(記事自体に関するコメントはもう皆様がされていて、結局本論以外のコメントが長くなってしまうといういつものオチ…m(==)m)
非常によくまとめられています。プラスチックが問題になっている今、プラスとローやレジ袋廃止といった現象面だけでなく、こうした「そもそも」に目を向けることは非常に大切。私も勉強になりました。
特に、
日本が途上国にプラスチック廃棄物をいわば押しつけている現実
「脱プラ」では問題は解決しない→素材テクノロジーの出番
プラスチック廃棄で環境汚染が広がっている状況が、このレポートでよくわかります。海洋汚染の9割は、世界10の河川からというのには驚きました。

世界でプラスチック規制が強まっていますが、日本はまだ踏ん切りがついていない。海洋国日本は世界に先駆けて、脱プラを推進すべきではないでしょうか。美しい日本を守るために。
この連載について
石の武器、鉄の鍬、紙や磁石などの記録媒体ーー。時代が求める優れた新素材の誕生は、文明を次のステージへ飛躍させてきた。そして今、自然界に類を見ない人工材料を開発する最先端では、いかなる新素材が生まれようとしているのか。未来を読み解くヒントとなる、新素材の世界へ誘おう。