新着Pick
509Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやいや、ステーキは日本のほうがよほど特別。「いきなり」の肉の量が少なかったんじゃないですかね?アメリカの普通のステーキの体積は、日本のレストランの4倍(面積2倍x厚さ2倍)ぐらいの感覚ですから。Saitouさんの仰るように、普通に朝食メニューに「モーニング・ステーキ」とかありますし。

それに、アメリカは、座って食べられる激安ステーキチェーン(Sizzlerとか)がたくさんあって、競争が激しいです。

ナスダックに上場したくてNYに出たのでしょうが、そりゃ、アメリカの寿司チェーンが日本に進出して勝てるんかいな、という話ですよね・・
高級業態じゃないと難しいと思うね。日本からなら圧倒的に和牛で超高級業態でやるべき。香港に進出したWAGYUMAFIAもそのうちアメリカに進出しますよ
アメリカでは、ステーキは、「特別な日に食べる」ものなのか?

追記
考えてみれば、そんな大事な顧客嗜好をよく調べずに出店したとは思えないので、不振の理由は別にあるのだろう。味、価格、店の雰囲気、...。日本人ほど、「ご馳走感」がないのかもしれない。
「アメリカではステーキは特別な日に食べる」というのは、「外食でのステーキは特別な日に行くような高級店が中心」というふうに解釈しました。

私はLA駐在だったので西海岸以外のアメリカは不案内ですが、私の中ではステーキは「Tボーンをスーパーで買ってきて、自宅でBBQグリルで焼くもの」。「ハレの日のステーキ」と「自宅で食べるステーキ」、二つのスタイルの間にあってちょっと業態が中途半端だったのかなという気がしました。
「米国ではステーキは特別な日に食べるというイメージが強く」?
本当に?

まあ、アメリカ人の寿司チェーンが日本に来ても流行らないのと一緒では?
6割とは驚き。
昨年9月の下記記事では苦戦するアメリカ市場で、
・お一人様での来店が多い日本と違い、2人以上の来店が米国では多い→日本式であるテーブルの間にある仕切りを取り外す
・肉以外にデザートの提供
・2号店以降はチップ制導入
するなどし、プラス価格の値下げなどの対応も行なっていたようでした。
【「いきなり!ステーキ」の米国進出、快進撃の裏に透ける悪戦苦闘】
https://newspicks.com/news/3287863

それでも尚、厳しい状態だったということになりますでしょうか。
朝から毎日でもお食べになりますねぇ、中西部の方々は
>米国ではステーキは特別な日に食べるというイメージが強く

これはウソでしょう。

つまるところ、日本人がいかに割高な牛肉を食べさせられているかということです。
米国等では、ヘリシーで美味しい牛肉を、日本よりはるかに安価で食べることができます。

日本で提供するような価格だと、それこそ「特別な日」に食べる大ごちそうになっちゃうのでしょうね。
特別な日にステーキを食べるという感覚はないなー。アメリカでは、ステーキはさっと食べるというより、時間をかけて談笑しながら味わう文化ではないかなー。さっと食べて帰るイメージが馴染まないのかな。
いきなりステーキのニューヨーク出店について、日本のマスメディアはかなり好評で成功していると報じていた記憶がありますけど、結局は、大半の店舗が閉店する見込みか、やはりステーキはアメリカ文化の中での食べ物で、日本企業の参入は難しかったということか、それとも他に何かビジネス戦略のミスがあったのか、よく検討して再挑戦の機会を掴むことを願っています。
株式会社ペッパーフードサービスは、同社が経営するステーキを中心としたレストランチェーンであるペッパーランチをはじめとした外食産業企業で、東京都墨田区に本社を構える。 ウィキペディア
時価総額
74.9 億円

業績