新着Pick
111Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
中学・高校・大学を含め、日本の学校スポーツの一番難しいところは、
・スポーツ側にとっては部活動はその年代において超重要
・学校側にとっては学校運営の中で部活動はほんの一部でしかない
というギャップにあります。

そして部活動に関する意思決定は学校が行います。
優先順位が低い部活動についてなるべく面倒なことはしたくないは学校側からすれば最もだと思います。

学校スポーツを変革していくにはスポーツ側、学校側の両者の利害を調整し、win-winの関係性を作り上げる交渉人、ロビイストのような存在が必要不可欠だと感じています。

学校経営、教育、スポーツの3分野に精通した人材が必要です。

しかし、どれにも精通した人材は希少だと思います。
私自身そんな人材になろうと精進しています。

また、スポーツ庁の位置づけも文部科学省の下なので、スポーツ庁からスポーツのために学校を変えていくのは難しい状況と察します。

学校にとって主ではないスポーツのために、学校とどのような関係を築いていくか、川淵さん、鎌田前総長に期待するとともに、一現場の人間としても先進事例を築いていくべく頑張ります。
米国でのNCAA発足時と異なり、日本ではUNIVAS発足前に既に多くの大学スポーツを主催する学連組織が存在する状況です。
そのため既得権の調整が必要となる点でもNCAAと同じようにはいかず、まずは立ち上げ、走りながらあり方を模索していく方針を選択しています。

その意味で川淵さんの関与は、関係者がポジティブに取り組めるきっかけになりそうな気がしました。
川淵氏の卓越した手腕に疑問の余地はありません。
ただ、ご高齢のこの方にしか、この重責をお任せ出来る人がいない
スポーツ界の人材払底を憂います。
東京オリンピックパラリンピックの責任者、担当大臣を思うと
暗然とした気持ちになるのは、私だけでしょうか?
実行力あるから期待できる
大部分の選手は「自分達がどういう背景の下で競技ができているか」ということに対して無頓着なのが現状です。

上部組織はその現状を知る必要があるし、現場の学生もこういった動きを頭の片隅でも良いので知っておいてもらいたいです。
80歳超えてこの肌ツヤ、川淵さんの生命力すごすぎて、尊敬の一言!

私も太く長く生きられるように頑張ります!
困った時は川淵さん頼み!