新着Pick
367Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「自分たちが何か言ったところで、どうせ何も変わらないじゃないですか。僕らの意見を取り入れてくれるんですか?」
これは多くの現場の人達が感じていることです。
現場のみんなを信頼して、みんなの意見を取り入れて現場を変えられる集団が最強です。
「任せる」が「あきらめ」をなくす。

「どうせ無理」とあきらめてしまっては、受け身になり、思考停止になる。それでは、いい仕事はできない。

指示通りにやらせるだけでは、良い結果は生まない。しかし、多くの上司は、立場を利用してそうさせてしまう。

部下を変えようとする前に自分が変わる。従わせようとしないで、自発性を引き出す。

部下は、失敗しても指示通りやったのだからと学ばない。上司は、失敗は指示通りちゃんとやらなかった部下が悪い。

こんな責任転嫁の関係を脱却して、お互いが信用し、やる気溢れるチームをつくりましょう。
部下を道具どころか消耗品と思っているマネージャーが多い今日この頃、マネージャー研修の最初の方に出てきそうなストーリーで分かりやすい内容ですね。一般的なマネージャーが失敗に陥る最大の理由はマネージャーになった瞬間に突然優秀になったと錯覚することだと思っています。たまたま運良く空きポジションの近くに居ただけなのに、周りの人よりも優秀だと錯覚してしまい、周りの人の声が聞こえなくなってしまう。マネージャーにこそ、謙虚さが最重要です。
ドラッカーの有名な問いに繋がるテーマですね。

「従業員は、コストですか?財産ですか?」

管理職諸氏は、常にこの問いに真摯に向き合わなければなりません。
一つのエピソードですが、数人でも人の上に立つかたでコミュニケーションがうまくいっていないなぁという方には読んでもらいたいなと感じた記事でした。