新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にあるようにシニア層の雇用に加えて、障害者雇用などうちの地方でも中小企業さんが力を入れ始めていると感じます。
受け入れるための体制作りも必要ですし、一朝一夕には出来ないと思いますが、特に地方ではシニア層の活躍の場は広がる必要はありそうです。

先日は下記のような記事もありました。給与面だけでは限界もありますし、企業のブランディングと合わせて考えていく必要がありそうです。
【ミレニアル世代が喜んで掃除する!? 全米大評判の奇跡の会社とは】
https://newspicks.com/news/3661102
最近面白いなと思うのが、この状況にも全く人手不足に困っていない企業も割といらっしゃる事です。5年くらい前から事業モデルを少し転換し、生産性を高めかつ時給を高くしても対応出来ているのが共通点です。
アルバイト歴が長くなりすぎて店の主みたいな存在の方がいますよね。貢献度はとても高い。

ただ、その方がもしも権力や空気を支配してしまう場合は新しい人が続かない、採用できないというボトルネックになってしまう。

人手不足の中で価値あるアルバイトとは、シフト貢献度×上機嫌だと感じますね。
これは,そもそも各業種がどれくらいアルバイトによって成り立っているかの情報があると,さらに興味深いと思った。
株式会社マイナビ(Mynavi Corporation)は、就職・転職・進学情報の提供や人材派遣・人材紹介などを主業務とする日本の大手人材広告企業である。また、同名のブランドで人材情報サービスのポータルサイトを運営している。 ウィキペディア