新着Pick
1126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一つの経由地点であるとはいえ、おめでとうございます㊗️
内部循環を促進する楽天経済圏が、外部経済にまで波及効果を及ぼす効果がうまく周り始めてますね。携帯事業参入でますます次のチャレンジにも期待がかかります。
海外事業がうまくいかなかったので、ここは一つ、ファンが多い国内市場でしゃがんで、盤石な経済圏のさらなる拡大に向けた次のJumpに備えて欲しいところです。
祝・一兆円!
こうやって頑張る日本のベンチャー企業がもっと増えるといいですねー!
楽天さんはテクノロジーも重視して投資を続けてる点も素敵です。
さきほど、日経CNBCニュースで簡単な決算概要を聞きました。金融部門が収益を引き上げたのとのこと。
一方で、楽天市場自体の収益性は今一つだったです。
金融部門については、証券会社も含めて囲い込みに成功しているようで、規模の経済メリットを享受出来ているようですね。
今後は、本格的なFintech 事業が花開いていくかどうかが、更なる飛躍の鍵となると思います。

楽天グループの中長期的な課題は、おそらく海外事業だと思います。日本内だけではいずれ頭打ちになります。
イオングループのように、海外事業の金融部門も稼げればもっと確固たる収益性を確立出来ることでしょう。
楽天は前年比16%増で1兆円の売り上げ達成。通信事業も始めるともっと売り上げも利益も伸びていきそうですね!三木谷さんのこれからの金融事業も含めた戦略に注目してます。
1兆円を超え、次の段階をどう見据えるか。
是非海外で成功して欲しいですね。
そうか30年で1兆円なんだな
長い道のりだっただろうなぁ
起業家としては、単なるニュースとしてではなく、その道のりに想いを馳せてしまう
楽天の方とお会いすると、どのカテゴリーでも一番を前提で考えられているのが風土として素晴らしいなと感じます。楽天経済圏の更なる発展が楽しみです。
昨年、一時はZOZO(旧スタートトゥデイ社)に時価総額で逆転されるなどもありましたが、楽天はまだまだ市場からの評価は実力値からみてUnder-Valued(見くびられている)と思っています。

売上が1兆円超えたことやフィンテック領域を中心に成長しつつモバイルで大勝負をかけてチャレンジしていくのは素晴らしいと思いますし、分社化などでコングロマリットディスカウントを脱して市場からもより適正に評価されていってほしいですね。

注:本記事の最後の「海外事業の拡大に向けて投資を強化」というところだけは、文脈としてもやや真意がつかめないという印象です
父母は楽天市場で買い物をし、楽天カードでいつでも決済、楽天でふるさと納税、貯まったRポイントで喫茶店でいつも美味しいコーヒーを飲みます。幸せそうな2人を見て、楽天経済圏の幸福度に驚きます。
創業約20年。90年以降に新規に立ち上げた日本企業で売上高が1兆円に達するのは楽天が初めて。だそうです!