新着Pick

中国企業出資受け入れ中止 長崎のハウステンボス

共同通信
ハウステンボスが中国企業の出資検討中止
65Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国企業による大型の出資・買収の取り止めで一番多い理由は中国企業側からのキャンセルやハードな条件交渉です。契約締結後でもザラです。日産も1000億円のキャンセルをくらい、インドネシアでも中国企業が不動産開発から手を引き大スキャンダル化しています。

まして本件は契約前だったようですからそもそも余談は許さなかったところ。良かったのかも知れませんし、結婚離婚と同じで当人達のみぞ知るです。
コメントというか正すだけなのですが、タイトルが主従のミスリードを引き起こしそうな気がしました。

本文「旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は12日、子会社ハウステンボス(長崎県佐世保市)の中国企業からの出資受け入れに関する検討の中止を決めたと発表した。」



要約「ハウステンボスは、中国の企業(だれだろう?)から資金調達をしようとしていたけれどもやめました。」

ですね。
公開会社は、原則として、出資者を選べない。

株式を公開しないのなら、株式会社の形態を選択したのはそもそも間違いだ。株式会社は、株式公開を前提とした会社形態として、様々な規制を定めている。公開しないのなら、その規制の多くは無用で過重で、無駄なコストを負担していることになる。

出資者を選別したいのなら、閉鎖会社(持分会社)の形態を選択すべきだった。

ボクシングの選手になりながら、試合で殴られたくないと言っていろるようなもので、考え方がおかしい。
復星くらい日本でも名が売れていれば記事になるネタですが、中国企業が出資検討してその後白紙に戻すことはザラです。なぜなら、彼らは初めから出資も含め色々な選択肢を持った状態で「一緒にやろう」というから。一方、日本企業は簡単には出資の話をしないし、口に出すのは余程の確度があるとき。(あるいは、出資して欲しい願望が強いときもリークしますよね。。。)
ここの確度に対する感覚を翻訳してくれる人がいないと、ぬか喜びさせられた、とか、騙された、という残念な話になりがちです。
むしろ事前の発表はなんだったのかと思いますが、ハウステンボスも佐世保という街も良いところです。別の形で経営が安定して続いていくことを九州民として祈るところです。
調印するまで分からないのがM&Aです。
KakuさんがコメントされているようにFosunは海外投資に積極的だったがここ数年当局に目をつけられている一社(ほかにWandaやHNAなども)。
そのなかでの久しぶりの海外案件と思っていたが、流れたか…
https://newspicks.com/news/3557231