新着Pick
11Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は、急速なピッチで武器の開発を進めています。記事にあるとおり、第6世代の戦闘機は、無人機や人工知能(AI)との連携が強化されると言われています。しかし、第5世代の特徴は、ステルス性以外に明確に第4世代と区別することはできません。さらに、第6世代戦闘機の特徴は未定であるとされています。
中国が、どのような特徴をもって第6世代戦闘機としているのか分かりませんが、J-20よりも性能が高いということでしょう。一般的に、第6世代戦闘機は、第5世代よりも長い航続距離と高い巡航速度を持たせるために、新たに開発されたエンジンを搭載すると言われます。実は、中国がJ-20を開発するにあたって、最も苦しんだのが航空機エンジンの開発でした。中国には航空機エンジンを自主開発するだけの技術がないとも言われていました。その中国が、さらに高性能のエンジンを開発するには、相当の努力が必要になるでしょう。
技術が足りない分を、中国は何としても得なければなりません。その中には、ロシアからの技術支援が含まれるでしょう。中国は、ロシアとの協力関係を維持しようとするでしょう。
サイバー攻撃による米国企業等からの情報窃取も行われるかも知れません。
中国は、AI技術の開発に熱心ですし、無人機の開発も進めています。先端技術を用いた武器開発をめぐる米中間の技術競争は、ますますし烈さを増すことになります。