新着Pick

“数学嫌い”でも魅力を感じる著者の底知れぬ情熱

JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
477Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
追記2
《はじめアルゴリズム》https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57186
というリーマン予測を解くマンガを発見し読んでみたらかなり面白かったので,こちらも併せてオススメします.

追記3
素数と音楽の話も34話に出てて興味深かったですー不規則と規則の間を揺れ動くバランスに必然性と美しさを感じると.これ読んで福岡伸一さんの「動的平衡」を思い出して細胞のゆらぎや磁区の生成・消滅などとも一緒なのを感じました.つまりAll connectedですね!朝から少し感動(独り言)


数学繋がりで「フェルマーの最終定理 (新潮文庫) サイモン・シン著」を読んで感動しない人はいないと思う.この壮大なストーリーをまとめ上げた彼は最上級のマスロマンチストだと言っても過言ではない.

フェルマーの最終定理
https://amzn.to/2N18sgF

追記
Babaさま
「音形」って素敵なコトバ!周期/非周期的な空気振動を表す音楽性に,虚数やマイナスなどの数学の多様な概念がどう関わっているのか気になりました.

フェルマーの謎を解き明かすドキュメンタリのような構成で少し長目ですが,飽きずに楽しませてくれるはずなので,少しずつお進みくださいませ:p)
"どんな娯楽であれ学問であれ、自分の専門について病的なくらい楽しげに語ってくれる人はひじょうに魅力的だ。"

これはほんとなんでもそう。でも、学校の先生は必ずしもそうじゃないし。

数学的実在は抽象の世界にあるので、人間の認識のやり方で考えていくととても神秘的に感じられます。

例えば記事でも紹介されているマンデルブロ集合ですが、数式は単純でそれ自体の認識は難しくありませんが、生み出される図形の完全な姿を得るには無限に計算が必要なので、原理的に永遠にその全体像を知ることはできません。それでは、永遠に知り得ないものは、存在すると言えるのでしょうか。
小学2年生で微分、積分をして遊んでいたという、自分で言いながら虚言にも思える元数学オタクの私もコメントせざるを得ませんでした。ご紹介いただいている著作も、ぜひ読んでみたいと思います。

小学生の当時を振り返ると、幼い自分にとって数学はまさに冒険でした。未知の世界を突き進んでいく楽しさだけで夢中になっていたのだと思います。しかし、今になって、目の前の問題をどの普遍的な公式を活用して解決するかといった思考プロセスや、複雑に見える物事をシンプルな数式に落とし込んでいく作業は、社会を上手に生きるヒントで、数学が培ってくれたスキルではないかと感じています。

そして何より、長い旅路を歩んだ先にいつも美しさを見せてくれる、どこか山登りなどにも似た魅力が数学にはあります。

大人になってからの学び直しも、悪くないのかもしれません。
では「物質的な世界」って一体何なんでしょう? もしかしたらアナタとワタシに共通の「物質的な世界」があるという、途方もない錯覚を見ているのかもしれないですよ


「数学は物質的な世界でいったい何をしてるんだろうか? だいたい、本当にそこにあるのだろうか? もしかしたらぼくたちは、数学という幽霊のなかに途方もない錯覚を見ているのかもしれない。」
統計の授業を取っていた時、時たま教授がこういった数学者のエピソードを挟み、当時の時代背景を紐解きながらどうやって当時の数学が発展したか話してくれることが度々あったが、これが実はものすごく意味があって、学ぶコンテクストを学生に示しててくれていてすごく良かった。この本も、そういう意味ですごく興味深い。
STEAM教育にも含まれていますし、数学の重要性はこれからも高まり続けると思います。私も比較的苦手ですが、それは数学のテスト(の点を取る為の学習)が苦手という意味です。数学が証明できること、数学が解決できること自体は興味を持てるので、この数学の”本質”と”実態”のギャップをなくすことが重要かと思います。
“さらに時代が進むと、土器に対称や回転、平行移動といった模様が表れ始める。”

はぁ〜☺️💓何と音楽的🎶音楽も、主題が提示された後に、その主題の対象、回転、平行移動などが現れ、音楽が発展していきます。

音楽の場合には、フィギュラリズムと言って、音形が感情や情景を表していることも多くあります。(例えば半音階的上行は、キリストが十字架を背負ってゴルゴダの丘を登っていく情景を示唆していたり)

楽譜からこのようなことを全て読み取って、ミュージシャン達と曲のイメージを共有していく、というのも指揮者の仕事のうちのひとつです。

脱線致しました🙇🏻‍♀️


Yamazaki Takahiroさん、フェルマーの最終定理、早速キンドル版を購入致しました😆オススメありがとうございます!

追記:

わぁ!またまたオススメどうもありがとうございます🙇🏻‍♀️
岡潔さんがキッカケの《はじめアルゴリズム》は絶対に読まねば!(岡潔さん大好き💕)
リンク先で紹介されている『人間の建設』と『音楽と数学の交差』もかなり面白そうです!

ヴァカンスが待ち遠しい🏖📚


“不規則と規則の間を揺れ動くバランスに必然性と美しさを感じると”

そうなんです、そうなんです🎶
不協和音=緊張、協和音=弛緩、などもあります。

ヤバイ、興奮してきた!眠れなくなる…🤩
数学は規律あるコミュニケーション。

数字や数式と会話するように考えるようになると、
とても、楽しくなると思います。

私は数学の評定は凄く悪かったですが、
結局、いま数字やデータを扱う仕事をしてます。
数学って、ロマンチック。故にロマンチストではない私は学問としての数学を修めるほどの気力はありませんでしたが、この記事にあるようにこういった歴史を知れば、数学が苦手な人ももっと好きになったかも知れないですね。
偶然、朝に竹内先生のMOOCを見ていたので、今日は今までで一番、数学が好きになりそうな日です。

竹内薫が断言「プログラミングと数学は世界を変える」
https://newspicks.com/news/3648536