新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
冒頭で石田真敏総務相が「制度の隙間を狙って」とコメントされていますが制度の隙間を狙うのなんてビジネスでは当たり前ですよね。法改正は最大のビジネスチャンスという考え方も広く浸透しています。泉佐野市がやっていることの良し悪しはおいておいて、”隙間を作る”という失態を犯した以上、付け込まれても仕方ないのです。それに対して「制度の根幹を揺るがし、存続を危ぶませる」と立場を逆手に取っての脅しをするのが、如何にもな感じで残念です。
元々、国が地方自治体に自分の力で生き残りを図ることを求めた制度と考えれば、泉佐野市のように制度のルール内でアイデアを出して、一種の炎上商法で見事に増収を実現した自治体のアピールは参考にすべき。
もちろん、泉佐野市のやり方に疑問や異論があって然るべきだし、その問題を逆手にとったアピールで納税を集める自治体が出てきてもいいのでは。
海外の姉妹都市の利用や社会問題の解決など、もっと多くの手法で税収が活性化すると国の関わり方は変わるのではないだろうか。
制度のグレーゾーンを突くところから、イノベーションが始まる例は近年の酒類を例に挙げるまでもなく数多い。制度の過渡期でもあり、総務省の意図と異なるからといって、片っ端から潰していくようでは萎縮効果ばかり働き、地方自治の本旨にもそぐわないばかりか、創意工夫も生まれまい。総務省の度量が小さい。
完全に地方自治体による自由競争の世界の中で、ルールをハックして強者が勝つというのは当然のこと。他の自治体の税収が減ることなど、なぜ別の自治体の長が考えるのか。自治体の長とはその自治体の最大の幸福を考えるのが仕事。
他方でハッキング可能なルールを作ってしまった国側は是正すべきなのであれば是正するのでしょうし、あえてソフトローの世界で自治体の倫理観に任せるというのであればその判断もあり得るかと思われます。
(過去コメント再掲)
現状のふるさと納税には様々な問題があり、総務省をはじめとして関係各所がより良い制度になるよう試行錯誤をしていると承知しています。
過度な返礼品競争に歯止めをかけるための制度趣旨に沿ったルール整備が必要であることは個人的にも同意します。
一方、地方過疎化・大都市集中が更に進むなか、地方自治体が創意工夫で人口増のみによらない税増収手段を持っておくことは有益ですし、地方創生に挑戦しようとする人材やアイデアを呼び込むことにもつながるとも思っており、なるべく柔軟性は残す方向になれば良いなと考えています。
ふるさと納税の問題から紐解く、地方分権のリアルだと思います。
泉佐野市のふるさと納税キャンペーンは、ビジネス的には賞賛されても、横並びの地方行政界では批判の対象になる、ということなのだと感じます。
そもそもから外れていますよ、大きく。
法整備も進んでいないのが行けませんが、節操ないね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
94.5 兆円

業績